減額されたといえどもノーベル賞の高額賞金、さてその使い道は?

 今年のノーベル賞受賞者の発表もあと経済学賞を残すのみになりましたが、ことしは残念ながら日本人の受賞者はいないようです。日本人は未だに経済学賞はとっていません。

 今年のノーベル賞の賞金額は、1部門あたり800万クローナです。昨年に1000万スウェーデン・クローナ(約1億5000万円)から800万クローナ(約1億2000万円)に減額されました。ノーベル財団も資金を運用してその利回りで候補者の選定、受賞者への賞金、そして受賞パーティの費用を捻出していますから、苦しい台所事情です。

 昨年調査したデータですが、次のようになっています。年間10億円の運用費用の約半分が受賞者への賞金に当てられていることになります。

 使い道については、下の記事がありました。

画像










          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック