日本経済新聞に見るビッグデータ活用法の実際

 日本経済新聞でも、ビッグデータに関する記事が多くなった。ここ3週間に掲載された関連記事のタイトルと、そのおおよその内容をメモしておく。


10月13日 ビッグデータが投資を変える
 売上高や利益など、株価分析の本筋である数値は一切使わない。頼るのは、ネット上にあふれる言葉と株価の「相関関係」だけ。

10月17日 ビッグデータで製造業強く
 稼働状況を常時監視し、膨大なデータ(ビッグデータ)を分析し「壊れる前に治す」究極のアフターサービスを実施する。

10月16日 投資とビッグデータ
 売買注文のバランス具合は従来、雰囲気や勘で読み取るしかなかった。ビッグデータ時代はそれがリアルタイムで数値化できる。ネット上にあふれる膨大な言葉を掘り起こし、投資家の気まぐれな動きもデータとして取り込む。

10月17日 投資とビッグデータ
 ①蓄積が進む膨大な取引データをもとに、市場の値動きを物理学の手法で読み解き予想する。価格変動のメカニズムや投資家心理が浮かび上がる。
 ②ネット上の大量のテキスト(※たとえばTwitter)から浮かび上がってくる投資家心理を読み解き、株価予測に役立てる。

10月22日 ビッグデータで水道管理 富士通とメタウォーター
 ポンプや水道管を点検する際の写真や音、作業員のコメントなどの情報を大量に収集して分析することにより、水道設備の最適な管理手法などを導き出し、維持コストを半減させる。

10月25日 日本でビッグデータ事業 米クレー
 金融・小売に照準を合わせる。日本のビッグデータ市場は12年が2000億円、17年には6300億円の予想。

10月29日 ビッグデータ活用10メニュー 富士通
 メニュー別の提案チームを200人体制で編成した。現在600億円の売上を16年には2000億円と見込む。



日本経済新聞記事の追加情報

11月11日
 購買データ使い新商品 ビッグデータを商品開発に活かす
 Tポイント情報を食品・日用品メーカーに提供

11月12日
 ビッグデータで燃費改善 出光など、内航船向けシステム
 天候・海流を分析、航路や速度指示

11月14日
 ビッグデータ600人体制
 NEC 15年度目標 売上高1000億円に

11月22日
 ビッグデータ活用 法整備
 個人情報提供 匿名ならば同意不要



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • いよいよ株式取引へのビッグデータ利用が始まる

    Excerpt: NTTデータは、ツイッターでつぶやかれる一日数千万件のつぶやきの中より、株式全体や個別の株式に関するものを抽出し、「ツイッターセンティメント指標」として、金融機関や機関投資家に月額数十万円以上で日次や.. Weblog: アルケミストは考えた racked: 2014-03-09 05:30