CO2の地下貯留でやはり地震は起こるとの確かな?報告

 この話は、ここ数年は繰り返されているように思う。CO2の地下貯留と地震の関係、いわゆる相関関係からも、地震の原因は明らかであるようだが、この問題はいくら確からしい証拠が示されても収まる様子がない。それは、この地下貯留で経済的利益を得るものが権力に近いところにいること、地震は起こるがそれが物損や人命にまだ直接的な驚異を与えてないこと、この2点で大きく取り上げられていないのだと思う。従って、多少の地震が起こってもこの問題は、まだしばらく結論が出ることなく、放置されることになるだろう。

 米国だけでなく、この事情は日本も同じ。いや、日本の方が真剣に考えなければならない問題であろう。地震国なのだからちょっとした刺激で地震が起こる。







古い情報であるが、関連情報はこちらに。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック