アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 5年前に世界を震撼させた豚インフルエンザH1N1 患者急増中!

<<   作成日時 : 2014/01/29 04:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5年前は致死率が高いとして恐れられた豚インフルエンザであった。その予測は幸いにも外れる形となったが、このインフルエンザの感染力は非常に強いことは2009年の事例でも明らかである。そのH1N1型のインフルエンザが大流行の兆しを見せている。

日本ではインフルエンザとノロウイルスによる患者数が増加し、中国では鳥インフルエンザが流行中である。日本を含む東アジアにおいて、これらウイルス性の病気の発症からはしばらくは目が離せない。パンデミックに至らないことを願うまでである。



NHK 1月28日

H1N1型急増 若い世代注意

インフルエンザの患者が全国で急速に増えています。
なかでも新型インフルエンザとして5年前大流行したH1N1型のウイルスが増えていて、国立感染症研究所は、比較的若い世代の人も重症化するおそれがあるとして、注意を呼びかけています。

国立感染症研究所によりますと、今月19日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者は5万8233人で、前の週の2.1倍に増えました。
1医療機関当たりの患者数は11.78人で、都道府県別に見ますと、▽沖縄県が最も多く36.74人、▽次いで宮崎県が19.58人、▽岐阜県が19.13人などとなっていて、すべての都道府県で増えています。
また、沖縄県や大阪府など8つの府県では、大流行が起きているおそれを示す「警報レベル」の地域が出ているほか、山形県、石川県、鳥取県を除くすべての都道府県で、今後4週間以内に大きな流行が起きるおそれが高いことを示す「注意報レベル」の地域が出ています。
また、流行しているインフルエンザのウイルスをタイプ別に見ますと、去年末ごろまではA香港型が流行の半分ほどを占めていましたが、今月19日までの5週間では、5年前に新型インフルエンザとして流行したH1N1型のウイルスが42%と最も多くなって、急速に増えていることが分かります。
国立感染症研究所の砂川富正室長は「患者数はこの先さらに増えるとみられる。H1N1型が増えているので、ぜんそくなどの持病のある人や比較的若い世代でも注意が必要だ。注意としては、手洗いやせきエチケットを徹底するほか、予防接種も今からでも遅くないので、希望する人は早めに接種してほしい」と話しています。



2009年に新型インフルエンザと呼ばれたH1N1の一連の記録

2009年4月25日
豚インフルエンザ アメリカ、メキシコで流行の兆し? メキシコで死者60人!

2009年4月28日
豚インフルエンザ WHOが警戒レベルをフェーズ4に引き上げ すでにウイルス封じ込めの段階ではないと

2009年4月30日
WHO、警戒水準「5」に引き上げ 新型インフル

2009年5月9日
新型インフルエンザ 時系列整理(その1) その発生から日本侵入まで

2009年5月20日
新型インフル その時系列整理(その2) 日本侵入から感染者数200人突破まで

2009年5月26日
新型インフル その時系列整理(その3) 関西での1週間の学校閉鎖により感染者増加率が減少

2009年6月12日
新型いインフルエンザの警戒レベルが最高のフェーズ6へ 日本では既に織り込み済みで冷静に受け止められる


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5年前に世界を震撼させた豚インフルエンザH1N1 患者急増中! アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる