アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 近所のかかりつけ家庭医が求められる時代が再びそこに来ている

<<   作成日時 : 2014/02/24 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日のブログの続きです。そのブログ中で記した「ホームドクター」は和製英語で、英語ではファミリードクター(family doctor)、これを日本語に訳すと「家庭医」となります。Wikipediaで調べてみると、下に示したように、「家庭医」は見いだせますが、その記述は実に簡単なものです(全文を引用しています)。この項目の、同じ英語のWikipedia記事へ飛ぶと、「family medicine」とあり、これは「family doctor」と同じことを意味するとあります。この英語の記事は実に詳しく書かれています。

Wikipediaで同じ内容を説明する日本語の記事と英語の記事で、非常に大きな差があることは、やはり日本の医療において、家族の健康を責任をもって診る医者、あるいはその医療体制が希薄であることを示しているのではないでしょうか。30〜50年前であれば、きっと「家庭医とはその家庭・家族の近くで開業している個人病院の医者で、家族の病歴をよく知り・・・・」などと詳しい説明がなされたかのしれませんが、このシステムは現在はほとんど機能していないのではないでしょうか? その証拠に、昔は「往診」などが当たり前のようになされましたが、最近では往診をしてくれる先生はほぼ皆無ではと理解しています。

下の、プラタナス・ネットワークのホームページ中にある記事は、まさに昔、地域の開業医が行っていたことそのものです。それを再び見直さなければならない時代に来たということです。



プラタナス・ネットワーク

ファミリードクターとは?

 プラタナス・ネットワークは、日本ではまだ新しいファミリードクターを目指す診療所のネットワークです。ファミリードクターは、あなたと家族の健康を守るパートナーです。生まれたばかりの赤ちゃん、子供、大人、おじいさん、おばあさんまで、家族全員の健康を管理します。あなたと家族の健康のことは、誰よりもよく知っていて、誰よりも頼りになる相談相手、これがファミリードクターです。

 ファミリードクターには、健康についての相談を何でも気軽に持ちかけて下さい。「子供の咳がとまらない。重大な病気かしら?」、「最近、どうもだるくて、疲れがとれない」、「実家のおじいちゃんが手術するけど、病院の選び方は?」など健康、医療に関することであれば何でも構いません。ファミリードクターはドクターであるとともに、カウンセラーであり、あなたと医療の世界を結ぶ橋渡し役です。


家庭医療(Wikipedia)

家庭医療は、疾病臓器・患者の性別・年齢・その他医学的技能の専門性にとらわれず、患者ならびに地域住民の健康問題を幅広く担当する医療分野。英語ではfamily practice。

家庭医療に専門的に従事する医師を家庭医( family physician / family doctor )と呼び、家庭医療に学問的基盤を提供する領域を家庭医療学( family medicine )と称する。

日本においては、開業医がその役割の大半を担っている。

英語版Wikipediaではen:Family medicine あるいはen:General Practitionerを参照.なお、左ツールボックスの多言語リンクでは、Family medicineにリンクしている。



Family medicine(Wikipedia)

Family medicine (FM), formerly Family Practice (FP), is a medical specialty devoted to comprehensive health care for people of all ages; the specialist is named a family physician, family doctor, or formerly family practitioner. In Europe the discipline is often referred to as general practice and a practitioner as a General Practice Doctor or GP; this name emphasises the holistic nature of this speciality, as well as its roots in the family. It is a division of primary care that provides continuing and comprehensive health care for the individual and family across all ages, genders, diseases, and parts of the body. It is based on knowledge of the patient in the context of the family and the community, emphasizing disease prevention and health promotion. According to the World Organization of Family Doctors (Wonca), the aim of family medicine is to provide personal, comprehensive and continuing care for the individual in the context of the family and the community.The issues of values underlying this practice are usually known as primary care ethics.

Contents
1 Scope of practice
2 Family Medicine in the United States 2.1 History
2.2 Education and training
2.3 Shortage of family physicians
2.4 Current practice
3 Family medicine in India
4 See also
5 References


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
4月1日より、かかりつけ医制度充実により自宅療養を推進!!?
診療報酬、なぜ見直し(日本経済新聞3月24日)からの引用です。医療費を引き下げながら、効果的・効率的な医療を提供していくために、かかりつけ医制度を充実させることが狙いです。「入院減らし在宅医療を推進」とありますが、老人のいる世界では、現状でも介護に手を取られ、家族としての生活の質が保たれなくなっている現状を、はたして改善することができるでしょうか? ...続きを見る
アルケミストは考えた
2014/03/25 05:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近所のかかりつけ家庭医が求められる時代が再びそこに来ている アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる