アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS マレーシア機残骸?中国もインド洋南部で浮遊物を発見

<<   作成日時 : 2014/03/23 06:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結末としては、非常に残念な結果を迎えそうな状況となってきている。衛星からの写真の解像度は50cmというから、この情報の確度は高い。が、しかし、この漂流物が何か別のものであってくれればと願う心は皆同じだと思う。

問題の航空機の出発したマレーシア、目的地北京のある中国はもとより、環太平洋の国々が心をひとつにしてこれだけ大規模に連携して捜索活動を行ったことは初めてはないだろうか。国や思想は違っても、人は協力しあえる。それを証明している今回の捜索である。



スポニチ 3月23日

マレーシア機残骸?中国もインド洋南部で浮遊物を発見

 中国国営通信の新華社は22日、国防当局の情報として、消息を絶ったマレーシア航空機の可能性がある浮遊物をインド洋南部で中国の衛星が発見したと伝えた。オーストラリア首相が20日に発表した「残骸の可能性がある物体」の位置から約120キロ離れているとしている。2つの物体が同一かどうかは不明。共同電によると、中国の衛星がとらえた浮遊物は長さ約22メートル、幅約13メートルで、位置は南緯44度57分、東経90度13分。衛星画像は18日正午(日本時間同午後1時)ごろに撮影された。オーストラリア首相が発表した物体の衛星画像は16日の撮影で、その後、数百キロは流されているとの指摘もある



FNN 3月20日

マレーシア機不明 豪当局、インド洋で「2つの物体」発見と発表

マレーシア機不明 豪当局、インド洋で「2つの物体」発見と発表

消息不明となっている、マレーシア航空機について、オーストラリア当局が、インド洋で、何らかの物体を発見したと発表し、衛星写真が公開された。機体の残骸なのか、確認作業が続けられている。
オーストラリアのアボット首相は「オーストラリアの海洋保安当局は、今回の捜索に関連する可能性がある、物体についての衛星写真を入手しました」と報告した。
マレーシア航空370便が、クアラルンプール離陸後、わずか50分ほどで消息を絶ってから、20日で12日となる。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マレーシア機残骸?中国もインド洋南部で浮遊物を発見 アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる