アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 悟りと臨死体験の共通点、そこから思い描く未来

<<   作成日時 : 2014/06/13 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

解脱とは何か? 悟りとは何か? 私にとってはまだ想像すらできない世界である。3次元世界に住んでいる私が4次元世界を見ることができないのと同じことか?

昨年のIRORIOの記事に「臨死体験」を見つけた。死の直前に、脳に酸素とグルコースの供給が制限されると、脳が瞬時活性化され、ガンマ波が強く観測されるとある。この間、人は臨死体験しているとある。

臨死体験といえば、お花畑の中でとか、会いたかった人と一緒にとか、一般に言われているのは実現したかった自己がそこにいるという、そんな光景で説明されていることが多い。現世の憂いやしがらみから解き放たれた姿がそこにある。

この姿は悟りには似ていないだろうか。苦行の末にやっと到達できるという境地であるらしいのだが、凡人には手が届かぬ心の世界である。ここに至るのに、呼吸法と断食が大きな鍵を握っているようである。臨死体験では酸素とグルコースの欠乏がその引き金となっていたが、悟りでは呼吸法と断食である。無関係とは思えない関係である。

人為的に脳への酸素不足とグルコース不足を作り出し、ガンマ波が強く出るような状況に至ったのが悟りとも思われる。私自身は悟っていないので、いい加減なことは言えないのだが、何らかの相関関係はありそうだ。それならば、死に至らぬ程度の酸素とグルコースの不足を作り出してはどうだろうか。現代の医学をもってすれば定常的に実現できるであろうから、悟りの研究は難しくないように思う。人間ドックではないが、一晩泊まり臨死体験ツアーも夢ではないのでは。これが実現すると、ひょっとするとうつ病などが簡単に完治するなどの副効果をもたらすかもしれない。

もしこの研究が出来るのであれば、分かってくることは肉体と精神の関係である。片や物理世界、片や精神世界ではあるが、この両者はどこかで関係し合っているのは確かであるが、全く未知の領域である。右の手を握りしめろと精神が命令すると肉体もそのように動く。考えてみれば不思議なことである。この不思議が解き明かされる日はきっと来ると思うのだが、いったいいつになるだろうか? これが解き明かされれば、死後の世界の入口くらいは見えてくるかもしれない。



解脱・悟りとは何か
 “解脱”と“悟り”――。その瞬間、すべての苦は滅し、生と死の壁は破られ、あらゆる束縛から解放され魂は自由となるのだ。

[memo] 悟りを開く方法
 私が悟りを開くきっかけになったのは、断食でした。
 「瞑想の極地」(血液中の二酸化炭素濃度増加による脳の酸欠と神経伝達物質の過剰分泌、それによる幻覚)に到達することができるようになります。ヨーガの呼吸法も、瞑想の技術を高めるのに役に立つでしょう。

ヨーガのプラーナーヤーマ(Wikipedia)
 サンスクリットで「気息、呼吸」を意味する「プラーナ」と、「制御、制止、延長」を意味する「アーヤーマ」からなる合成語である。



IRORIO 2013年8月13日

「死」にゆく脳は最後にガンマ波を放出すると判明!臨死体験の謎を解く鍵となるか:ラット研究


近年の蘇生医療の研究で、心臓が停止した後でも残る意識についての検証がされてきた。それによると「死」とはプロセス。心臓が鼓動を止めた後でも脳細胞は酸素がなくなるまで生き続け、その間に蘇生した一部の患者は、“物語”を持って戻ってくる。その物語を我々は臨死体験と呼んでいるが、その体験の間、物理的な脳に何が起こっているかは謎のままだった。

そこで米ミシガン大学の神経学者Jimo Borjigin博士率いる研究グループは、死のプロセス上にある脳がどんな活動をしているのかを、9匹のラットを使って脳波を測定。研究者らにより誘発された心停止から30秒以内に、全てのラットの脳に、広範囲にわたる一過性の活動的なガンマ波を確認した。しかも知覚や意識に関わっているとみられるガンマ波は、起床時のそれよりもはるかに活発だったのだという。

「今まで心停止の間、脳は活動していないと思われてきたが、この結果を見る限り臨床死のプロセスのさなかでも脳はオーガナイズされた電気信号を送ることが出来るみたいだ」と、研究チームは述べる。「心停止の間に起こる血液中の酸素やグルコースの低下が、意識を司る脳活動を誘発しているようだ

この研究結果は米ジャーナル誌『Proceeding of National Academy of Science』で発表されている。





          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悟りと臨死体験の共通点、そこから思い描く未来 アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる