アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 野々村竜太郎元県議会議員が刑事告訴されるも遅きに失したのでは?

<<   作成日時 : 2014/07/12 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この事件。見かけは単純であるだけにコメントがかえって難しい。一言で言えば兵庫県の会計システムの大きな欠陥と、それを安易に悪用した一議員の所業、そして制度と実態の表ズラさえあっていれば深くは追求しないという公務員の事なかれ体質が招いた事件ではないだろうか。その結果、3年間も同じことの繰り返しが続いたにもかかわらず、いままで放置され、そして事件の大きさが急にクローズアップされ、日本のみならず世界にまでも情報発信される異常事態となったのである。

なぜ今までこのような事態が放置されたのか。そして、下に示す6月30日の神戸新聞の報道がなかったならば、この事態は表面化することはなかったのか。外圧によってしか公務員の世界は自浄作用がないのか。もし、野々村元議員が会見をすることなく緊急入院していれば、世論はここまで沸騰することなく、よくあることと秘密裏に事態は進行していく可能性はあったのか。

いろいろなケースが考えられるが、「もしも〜だったなら」は存在しない。現実が目の前にあるだけである。この現実、これは企業では到底考えられない「あまい会計システム(きまり)」により作り上げられたもので、議員特権に近いものである。そしてこれが一見頭の良い一人の議員の目にとまり、大いに悪用されたというのが今回の構図である。考えてみるに、罪作りな制度、両刃の剣であったわけだ。

性善説によるか性悪説によるかで制度設計に差が出るが、今回の性善説に基づくシステムは見事にその機能を消失した。目の前の一見美味しそうな簡単に手に取ることができる食べ物。しかし、マナーを守って食べなければならない食べ物。この食べ物を無作法に食べると社会的に制裁を受ける。これは人を試すシステムであり、あえて罪人を作り上げるためのシステムでもある。結果的にそうなってしまった。しかも、3年間という長い期間、この無作法を皆が見て見ぬ振りをし、その罪を極限にまで重くしてしまった。

野々村元議員だけにとどまらず、兵庫県・県議会議員全員の身の潔白を、そして会計システムのあり方を総点検する必要があるだろう。そうでなければ、誰が野々村元議員の非だけを声高に咎めることができるだろうか。五十歩百歩ではいけないのである。罪のない人しか石を投げることができないのである。結局は、今回の刑事告訴により石投げ人を外部に求めた。



事の発端は神戸新聞の記事(6月30日)にある。

目的示さず交通費300万支出 西宮の県議、政務活動費から

 兵庫県議会の野々村竜太郎議員(47)=無所属、西宮市選出=が2013年度、豊岡市と兵庫県佐用町、東京都、福岡市の4カ所を日帰りで計195回訪問したとして、政務活動費(政活費)から計約300万円を支出していたことが30日、県議会が公開した収支報告書で分かった。報告書には交通費の領収書添付が一切なかったほか、現地での活動を示す記載も見当たらず、“不自然”な支出に説明を求める声が強まりそうだ。
(中略)
 兵庫県議会の政務活動費 政党活動などを除く調査研究のため、条例に基づき、議員報酬とは別に議員1人当たり月額50万円が支給される。所属会派と議員個人にどう配分するかは各会派に任されている。「広報広聴費」や「人件費」など10項目の支出が認められている。2011年6月分から1円以上の全ての支出に領収書の添付が義務づけられた。条例改正により、名称が13年度に「政務調査費」から変更された。



朝日新聞デジタル 7月11日

兵庫県議会、野々村県議を刑事告発 議長が辞職願受理

 野々村竜太郎・兵庫県議(47)=西宮市選出、無所属=の政務活動費をめぐる問題で、梶谷忠修・県議会議長は11日、野々村氏の辞職願を受理した。県議会の各会派は同日、野々村氏を虚偽公文書作成・同行使容疑で県警に刑事告発し、受理された。県警は今後、詐欺容疑での立件も視野に、野々村氏から事情聴取するとみられる。

政務活動費に関するトピックスはこちら

 野々村氏はこの日、神戸市中央区の県庁近くの施設で議会事務局員に辞職願を提出。午後開かれた県議会各会派の代表ら10人による代表者会議で報告された。

 会議後に会見した松本隆弘副議長によると、野々村氏は11日、3年間で使った政務活動費計1834万円の全額返還を書面で申し出た。一方、この日と9日の事務局の聞き取りに対しては、多数の日帰り出張などの支出について「記憶にない」などと明確に説明しなかった。

 議会は「全額返還して辞職しても説明責任を全く果たしておらず、調査にも限界がある」(松本副議長)と、代表者会議に出席した10人の連名で県警本部に告発した。

 また会議では、政務活動費のあり方を見直す検討会の設置を決めた。不十分な収支報告書を修正させるための議長の権限強化や、インターネットでの報告書の公開を検討し、9月に条例改正を目指す。



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野々村竜太郎元県議会議員が刑事告訴されるも遅きに失したのでは? アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる