アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本と中国は冷え切った関係との解析結果、韓国はまだお友達

<<   作成日時 : 2014/07/27 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本経済新聞に「日中冷和」なる記事があった。国と国の関係をみるときに、どのようなパラメータを用いるかにより得られる結果は多少変動することは想定はされるが、この記事で用いられているパラメータで国と国の関係をおおよそ言い当てているものと感じられる。

記事に示されている表に関しては、特に説明の必要はないだろう。

この表の冷和度を図にしてみた。日本と中国は水と油。一番近い米国でも4の距離。現在会話が成立していない韓国でも4の距離と意外に近い。日本と韓国の共通の敵は北朝鮮である。なお、この指標で評価すると、米国と韓国は非常に近い関係となっており、米国は韓国が日本より扱いやすい国であると見ていても不思議ではない。

この冷和度の考え方は、国と国の関係ばかりではなく、パラメータの取り方次第では人と人との関係にまで日日けるので、興味深い。


画像




日本経済新聞 7月20日

理論も導く「日中冷和」

画像




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本と中国は冷え切った関係との解析結果、韓国はまだお友達 アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる