アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 持ち主不明の預貯金、年金、不動産が満ち溢れている、ナゼ?

<<   作成日時 : 2014/08/17 00:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人が生きていくために、お金や資産は必要不可欠です。中高年にとっては老後の心配や、若い人にとっては明日の生活に直結する一大事です。それにもかかわらず、多くのお金や資産が忘れ去られている現状は、一体どうしたことか。

考えられるケースは、
  お金に無頓着で、今日の生活は確保されている
  預貯金していることを忘れてしまっている
  預貯金していることは覚えているが、具体的な内容は思い出せない
  親族に資産状況を伝えぬままに亡くなった
などでしょうか。

いつまでも元気なつもりでいても、いつ意識不明の病や痴呆症が発症するかもしれない。そうなってからでは遅い。エンディングノートの活用も考えたい。

銀行口座は5年間出し入れしないと消えてなくなる。あとは国庫へいくだけ。
年金は自分で守らないと、誰が守ってくれるのだという状況下にある。資産帳の一項目として記録しておく必要がある。
森林や農地は税金を納めるほどの価値がないのか。売るに売れず、納税ももったいないという状況ならば理解できる。それにしても広大な放棄地である。ある年限が過ぎると国が無償で収容し、有効な利用法を模索すべきか。


人というものは欲の皮が突っ張っているようにも見えますが、反対に、頓着なく預貯金、年金、そして固定資産などが打ち捨てられているのも現状のようです。これを「人というものは」と十把一絡げにしていいものか、あるいは「欲の皮が突っ張っている人」もいるし、「お金に無頓着な人」もいると考えるべきか、おそらくは後者であると思うのですが、難しいところです。

お金や資産は手段です。その手段を「幸せな人生」のために有効に利用していくことは、自分自身の人生や、そして子供や孫を含む家族にとって大切なことであると思います。見落としている、預貯金や資産はありませんか。今一度の確認をしてみてはいかがでしょう。



銀行に預金を残したまま死んだらそのお金はどうなるのでしょうか?

銀行口座は5年間(信金は10年間)休眠状態にすると民法上時効消滅扱いとなり凍結されます。
また、預金者が亡くなった事を知らずあるいは口座がある事を忘れている為、永眠口座として何時までも残っているケースが数千億円銀行に眠っているそうです。



朝日新聞デジタル 8月16日

不明年金、未回答13万人に戸別訪問も 厚労省

 2千万件以上が持ち主不明のままの年金記録問題について、厚生労働省は15日、新たな対策を公表した。記録確認を求めて通知したものの未回答だった約13万人に、戸別訪問を含めて接触を図る。対策費として来年度予算の概算要求に約10億円を盛り込む。

 同省は2010年以降、紙台帳とコンピューター記録の突き合わせ作業などにより、年金記録(計約107万件)の持ち主と思われる人に確認を求めて通知した。だが約28万件は回答がなく未解明のままだ。



日本経済新聞 8月13日

所有者不明の森林・農地、2050年に最大57万ヘクタール

 相続時に登記手続きがされず、国や自治体が所有者を把握できなくなる森林や農地が2050年までに最大で57万ヘクタールとなることが13日、国土交通省の試算で分かった。東京都の面積の2.6倍に当たる。農林業の効率化を目指した土地集約だけでなく、東日本大震災の被災地復興に悪影響が出る懸念があり、早急な対策が求められる。

 所有者不明の土地に関する統計はなく、国交省が森林や農地の所有者へのアンケート調査や今…



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
持ち主不明の預貯金、年金、不動産が満ち溢れている、ナゼ? アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる