アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 技術がわかり発展させる人間を育てる効果的な方法はあるのか?

<<   作成日時 : 2014/08/03 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

技術分野(理系学部)でみると、最近入社する学生はマスター(修士課程)修了者ばかりだ。これは、文系学生が学部卒業生ばかりであるのと対照的である。高い学費と長い年月を勉学に費やした意味が、理系の学生にはあるのか。また、その費用と時間を保証して余りある見返りが理系を修了した学生にはあるのか? これは、はなはだ疑問である。

高校3年生で理系か文系のどちらかを選択しなければならない。これが日本の制度である。そして、どちらかを選択すると、その方向を変えることが非常に難しいのも日本の制度の特徴である。理系の学問が好きだから、あるいは、文系の学問が好きだから、という理由で進路を選択するのは間違った方法ではない。いや、むしろ、自分のやりたいことをやるということにおいては、自己実現を目指しての好ましい選択と言える。

さて、自らの意志で理系に進んだ学生が、力の限り6年間の勉学・研究に励んだ時に、培った実力は社会に出てから活かされるであろうか? こちらもはなはだ疑問である。学問の進歩というものは、それまでに培われてきた事実や、技術、そしてノウハウの上に新しい「何か」を積み上げていくことである。そして、学問分野は時間の経過とともに大きな広がりを持ち、さらにその広がりが加速度的に速さを増している。ひとつの学問分野を取り上げても、その学問体系を知るためだけにでも非常に大きな労力を費やすことが必要になる。すべてを知り尽くすことは不可能に近い。

公的機関や企業においてもこの事情は同じである。あまりにも分野が広がったためにすべての領域を理解し、それを推進できる人間は少ない。そこで、分野を細分化してコトにあたることになる。狭い領域に資源を集中的に投入すれば何かが生まれる? 選択と集中が重要であると言われて久しい。だが、ここで問題となるのが人の能力だ。日本では博士課程修了の人間を専門バカと考え、その結果多くのオーバードクターを生み出してきた歴史があるし、いまもその傾向は変わっていない。選択と集中が重要ならば、ドクターコース修了者こそ、この分野に投入すべきではないかと考えるのだが、どこにその間違いがあるのか? 

4回生で就職ができなかったから修士課程に進む。修士課程で就職しようとしたが就職氷河期であり、しかたなく博士課程に進む。そしてなんとなく博士号はもらったが、やはり就職先はない。このようなケースは別として、博士課程まで進めば、戦略的な研究の仕方、戦略的なビジネスのすすめかた、戦略的な情報収集の方法を身につけている。そして、もちろん、目標とその方向性を決めれば自発的にそちらに向かう意志の強さ、持久力と忍耐力も持ち合わせている。そういう人でなければ博士号を手に入れることはできない。

先程、選択と集中ということを言ったが、分野を狭めても、そこに投入すべき情報は広く他の分野からも集めてこなければならないし、得られた情報を単に利用するだけでは競争力のあるビジネスとはならない。そこに、情報をひと工夫して利用する知恵が必要となる。博士課程修了者はそういう知恵に長けた人材である。そういう人でなければ博士号は取得できない。

誤解なきように。理系人間は博士課程を修了している必要があるといっているわけではない。新しいものを生み出すためには、博士課程で訓練される戦略的なものの考え方が必要だと言っている。目的を達成するための道筋を知っていること、強い精神力を持っていることである。国際的な競争にさらされている日本には、このような「能力」を持った理系人間が多く求められている。

最後に、次の図の現実をどのように受けとめるべきか。シェアを維持するのにも製品開発力とは違う戦略が必要になってくる。理系、文系と取り立てて分類するつもりは私にはないのだが、日本で一般的な役割分担としては事業戦略に関わることは文系?(MBA?)の仕事となる。この考え方は現実に合っているのか?


        豊田政男大阪大学名誉教授(2014年7月)
画像
 



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
技術がわかり発展させる人間を育てる効果的な方法はあるのか? アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる