アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 「君が代」に出てくる「さざれ石」とは京都下鴨神社にあるこれだ

<<   作成日時 : 2014/09/01 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

君が代は国歌であるが、知っているようで知らない(私だけかもしれないが)。

君が代(Wikipedia)

君が代(きみがよ)とは、日本の国歌である。

明治維新後の1880年(明治13年)に曲がつけられ、以後は国歌として扱われるようになった。1999年(平成11年)に国旗及び国歌に関する法律で正式に国歌に制定された。元は平安時代に詠まれた和歌である。

 君が代は千代に八千代に
 さざれ石のいわおとなりて
 こけのむすまで

これを私なりに翻訳すると

 君(天子)の御代が千代も八千代もの永きにわたり続き、
 その長さは例えてみればさざれ石がいわお(巌、大きな岩石)となって、
 その上に苔が生えるくらいに長く

という意味になる。

ここでさざれ石とは、

さざれ石(Wikipedia) ここに各地のさざれ石の写真がある

さざれ石(細石、さざれいし)は、もともと小さな石の意味であるが、長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウム(CaCO3)や水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化したものも指す。学術的には「石灰質角礫岩」などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。

日本では滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地である。

平成15年9月に宮崎県日向市にある大御神社で、境内の拡張工事中に日本最大級のさざれ石群が発見された。

異説[編集] 九州王朝時代を起源とする説[編集]

九州王朝説を唱えた古田武彦は自ら邪馬壹国の領域と推定している糸島半島や近隣の博多湾一帯のフィールド調査から次のような「事実」を指摘している[36][37]。
「君が代」は、金印(漢委奴国王印)が見つかった福岡県・志賀島の志賀海神社で4月と11月の祭礼(山誉め祭[38])として以下のような神楽歌として古くから伝わっている。次のとおりである。なお、この山誉め祭は、民族学的に価値のある神事として、福岡県の県指定の無形文化財に指定されている。

 君が代<だい>は 千代に八千代に さざれいしの いわおとなりてこけのむすまで
  あれはや あれこそは 我君のみふねかや うつろうがせ身骸<みがい>に命<いのち> 千歳<せんざい>という
 花こそ 咲いたる 沖の御津<おんづ>の汐早にはえたらむ釣尾<つるお>にくわざらむ 鯛は沖のむれんだいほや

 志賀の浜 長きを見れば 幾世経らなむ 香椎路に向いたるあの吹上の浜 千代に八千代まで
 今宵夜半につき給う 御船こそ たが御船ありけるよ あれはや あれこそは 阿曇の君のめし給う 御船になりけるよ
  いるかよ いるか 汐早のいるか 磯良<いそら>が崎に 鯛釣るおきな

     — 山誉め祭、神楽歌



こちらは卑弥呼の邪馬台国論争を想起させます。


いわお(巌)になる前のさざれ石が京都の下鴨神社にあった。苔がむすのはさざれ石が巌になってからであるので、まだ表面には苔は生えていなかった。だが、すでに草が生えているので、千代も持つ確証はない。巌となる前に崩壊しないように、維持管理が大変だ。



京都・下鴨神社

画像


画像




画像


画像



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
御影石、あの綺麗な石が「まさ土」の元で、表層崩壊の原因となるとは
昨日のブログでは小さな石(さざれ)が寄り集まって大きな硬い岩(巌、いわお)となる話をした。 本日は、花崗岩が風化して砂粒(真砂)に変化していく、関連情報を集めた。 ...続きを見る
アルケミストは考えた
2014/09/02 20:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも。古田氏の説を載せるならば、細石神社やその神社の御神体が金印であったという伝承の紹介をすればいいのに。大事な所をカットしないでください。また誤った認識を知らない人達に持たれますから。
名も無き人
2014/10/28 12:40
名も無き人様

情報を頂きありがとうございます。「君が代」に関してのブログですので、ご指摘の件は記していません。
細石神社に関する記述は君が代(Wikipedia)中に確かに存在いたします。ただし、「細石神社やその神社の御神体が金印であったという伝承」ですが、君が代(Wikipedia)と細石神社(wikipedia)では確認できていません。Googleで「細石神社 金印」で検索しますと、「なかった−−歴史的真実」http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/nakatta4/forkinin.htmlに、「『あの金印は、本来細石神社(前原市)の宝物として存在していたものなのである。』との証言です。証言者は、現在の宮司の徳安正大まさとも氏。二年前に九十歳で亡くなられた徳安正彦さんの「伝承」つまり“言い伝え”です。」とありました。これが証拠ということですね。
お教えいただきましてありがとうございました。



細石神社 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E7%9F%B3%E7%A5%9E%E7%A4%BE 
畑啓之
2014/10/28 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「君が代」に出てくる「さざれ石」とは京都下鴨神社にあるこれだ アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる