「日土関係」の「日」は日本を、では「土」はどこの国を表している?

ある機関誌のある記事を読んでいると、「日土関係」なる単語がでてきた。「日」は日本であるが、「土」はどこか? 知っている人は知っているし、知らない人は知らないという、結局は知っていないとわからない単語である。

本文中に並んでいる単語は、

  串本沖軍艦遭難   串本村民が乗組員を救助
  イラン・イラク戦争  テヘラン在住日本人を救助機で救出

そう、「土」とはトルコなんです。最近ではオリンピックの開催地獲得に向けて争いました。日本とは関係の深い国です。トルコは漢字で「土耳古」と書くそうです。国名の漢字表記とその略字が載っているものをWikipediaから抜粋しました。略字が付けられていない国の国名のも漢字表記があり、このWikipedia中に示されています。書けと言われて書けるものではありませんが、読むだけでも大変ですね。

なお、なぜ土耳古と書くようになったのか? 次の記事がありました。


「土耳古」「濠太剌利」「伯剌西爾」は、なぜそう書くようになったのか?

 「土耳古」……なぜ「ル」が「耳」になるのかわからない。「トルコ」を英語風に読むと「タァールキー」。中国語では耳は「アール」と発音するので中国からきたのかもしれない。

おなじWikipediaで、

画像




国名の漢字表記一覧(Wikipedia)

画像


画像



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック