アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 恒例の「鳥人間コンテスト」、人力飛行機距離部門は風雨で試合が成立せず

<<   作成日時 : 2014/09/04 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

毎年恒例の「鳥人間コンテスト」である。昨日、夕方7時よりその様子が読売テレビで放送された。滑空機部門、タイムトライアル部門、そして人力飛行機距離部門の順でコンテストは進んでいった。時間の経過とともに風が強くなり、人力飛行機距離部門になると風雨となり、数機が飛行したところでコンテストは終了となった。各チームともに、1年をかけて制作した機体が飛ばせないという、悲しい現実となった。距離部門は結局コンテストが成立せずということであった。

人間が大空を自由に飛び回りたいとの夢はイカルスの昔からである。夢に向かっての力の限りの挑戦。そこには損得を超えた人間の姿がある。この番組を毎年楽しみにしている。




共同通信 PR Wire 9月4日

「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2014」で学生サークル「鳥人間部T-MIT」が準優勝、「人力飛行機研究会MaPPL」が3位

 「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2014」が7月26日に滋賀県彦根市の琵琶湖にて開催され、
人力プロペラ機タイムトライアル部門で、首都大学東京の学生サークル「鳥人間部T-MIT」(部長 三木あや(システムデザイン学部3年)、外41名)が準優勝、また滑空機部門では「人力飛行機研究会MaPPL」(部長 石黒多紀(人文・社会系3年)、外37名)が、今年は360.99mとMaPPLにおいての最高記録を更新して、3位という好成績となりました。

 「鳥人間部T-MIT」では、出場前年の8月から機体の設計、試作が始まり、翌年4月頃に完成、5、6月には試験飛行を行います。これまでの技術を引き継ぎ、新しい機構も取り入れながら機体は年々進化しています。



人力飛行機については、Wikipediaによくまとめられている。その一部を引用すると次のとおりである。

人力飛行機(Wikipedia)より極一部分のみを抜粋

機体[編集]

グライダーと同様に誘導抗力を減らした翼幅の大きな非常に細長いアスペクト比の大きな主翼を持ち、長距離飛行向けの人力飛行機では翼幅は30〜40mに達する。アスペクト比は30前後[出典 9]から40を超える機体も存在する。[出典 10]全長は大きい場合でも10m程度である。

パイロット[編集]

人力飛行機においてパイロットはエンジンと操縦者の2つの役割を担う。1人乗りの機体の場合、定常飛行時にパイロットに要求される出力は200〜300Wである[出典 13]。

天候の影響[編集]

人力飛行機は降水や風といった天候の影響を受けやすい。

コスト[編集]

人力飛行機の製作工数は団体により異なるが、1970年代には10000〜25000人時間という報告がある[出典 37]。また現在では一例として学生団体では製作に約8000人時間[出典 38]、社会人主体の団体では設計・製作に約2000人時間、運用を含めたプロジェクト全体で約6000人時間という報告がある[出典 39]。

鳥人間コンテスト選手権大会[編集]

日本では1977年から始まった讀賣テレビのバラエティ番組「鳥人間コンテスト選手権大会」において人力飛行機による記録更新が進み、1986年には人力飛行機専門の部門「人力プロペラ機部門」が開設された。1986年に512mであった優勝機の飛行距離は、1992年には2kmを超え、1996年には10km目前に迫った。1998年には23.6kmを記録して会場である琵琶湖の対岸に到達するに至った。 記録は更に伸び、2003年には3チームが20km超の飛行を実現し、優勝機は彦根市から琵琶湖大橋までの34.6kmを飛行した。その後、ルール改正により折り返しによる距離計測が認められるようになり、2008年には36kmの飛行が実現した。2006年からは従来の飛距離を競う部門の他に速度を競う「人力プロペラ機タイムトライアル部門」が開設された。[出典 163]速度と機動性が問われる競技であり、2012年に閉回路飛行速度日本記録を樹立した機体は2010年の「人力プロペラ機タイムトライアル部門の優勝機である。[出典 57]

人力飛行機世界記録
画像


人力飛行機日本記録
画像





人力飛行機に関する次の書籍がある。

例題で学ぶ航空工学―旅客機・無人飛行機・模型飛行機・人力飛行機・鳥の飛行 単行本 – 2014/6/1
人力飛行機 単行本 – 1985/7/1
「運命の滑走」~日本初 人力飛行機に挑む ―成功へ 退路なき決断 (プロジェクトX~挑戦者たち~) [Kindle版]



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ここまで来た! 太陽電池飛行機が世界一周に挑戦すると!
掲題のニュースが日本経済新聞で報じられました。 ...続きを見る
アルケミストは考えた
2014/10/07 19:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恒例の「鳥人間コンテスト」、人力飛行機距離部門は風雨で試合が成立せず アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる