ヒット商品も世につれその有り様が変化してきた 今は「生活を楽しく」

本日は各年代におけるヒット商品を並べてみました。まだ生まれていない年代については、この製品はこの年代に生まれたのだとの認識を新たにし、生まれてからのヒット商品については懐かしく思い出します。

年代が進むにつれて、生活必需品から生活(余暇)を楽しむためのヒット商品の割合が増えてきていることがわかります。

1975年を超えると生活が豊かになり、1990年を超えると生活をエンジョイする、そのようなヒット商品が増えています。1991年はバブルがはじけ、日本人が働き蜂であることをやめたターニングポイントとなる年でしょう。下に示した「年別ヒット商品」を見ても2000年以降もヒット商品へのキーワードは生活エンジョイで、その傾向は顕著です。ヒット商品となるためには「生活充実」「遊び心」「物語性」などが求められます。



1900年代のヒット商品

書籍「なぜヒットしたのか?ヒット商品この100年」より抜粋

1901~1925年
 20世紀梨  木村屋のあんパン  蚊取り線香  ライオン歯磨き粉  味の素  カルピス
 養命酒  キューピーマヨネーズ

1926~1954年
 バスクリン  救心  サロンパス  ヤクルト  森永ミルクキャラメル  タイガー魔法瓶
 不二家のミルキー

1955~1964年
 トランジスタラジオ  パイロット万年筆  コカ・コーラ  かっぱえびせん  チキンラーメン
 ジーンズ  ブルーバード  トリスウイスキー  ワンカップ大関  ダスキン  ポリバケツ

1965~1974年
 カシオミニ  Tシャツ  オロナミンC  リカちゃん  カップヌードル  ブルーダイヤ
 カローラ  エメロンクリームリンス  オセロ

1975~1989年
 100円ライター  マイルドセブン  ヤマト宅急便  サランラップ  ウォークマン  ウーロン茶
 ポカリスエット  チョロQ  クール宅急便  アタック  アサヒスーパードライ  ビックリマンチョコ
 8ミリビデオ  写るんです  ミノルタα7000  ファミコン  パジェロ  グロリア・シーマ
 シャチハタスタンプ台

1990~2000年
 ユンケル皇帝液  カラオケ  プレイステーション  たまごっち  ドコモ携帯電話
 

年別ヒット商品(上田流通問題研究所) 1961~2013年のヒット商品が記されています。上で記したよりもさらに詳細に、年別にヒット商品が記されていますので、それを見ると「ああ、そうだった」と記憶が鮮明に蘇ってきます。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック