アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS エボラ出血熱は患者との接触の問題ではあるのだが 最近のニュースを集めました

<<   作成日時 : 2014/10/29 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

日本にもエボラ出血熱が上陸かとの騒ぎになりましたが、幸い、ウイルスは確認されなかったとのことです。神戸新聞に、エボラ出血熱に関する的確な3項目が記されていましたので、紹介いたします。

神戸新聞10月28日によると、
 エボラ出血熱 二次感染の恐れは限定的    東京都保健医療公社豊島病院長 足立拓也
1.この病気は親切な人がかかりやすい病気である(患者に接触してしまう)。
2.開発中の新薬は、患者の救命に役立つ潜在的可能性はあるものの、それによって新たな感染を
  防げるわけではない。
3.西アフリカで流行が続く限り、日本国内に感染者が入国する可能性も続く。


以上、空気感染はしませんから、患者との接触を避けることが感染防止のための必須条件となります。



最近のエボラ出血熱に関するニュースです。

発熱のジャーナリストは45歳の日系カナダ人 8月からリベリアに滞在 ブリュッセル、ロンドン経て日本へ(産経ニュース、10月28日)

エボラ出血熱:豪、西アフリカからの渡航制限(毎日新聞、10月28日)

エボラ出血熱、西アフリカから日本上陸も爆発感染は「中国経由」か(DMM、10月28日)

WHOなどエボラ出血熱感染拡大を警告(NHK、10月27日)

富士フイルム:米製薬会社買収 エボラ出血熱ワクチン評価(毎日新聞、10月26日)

エボラ出血熱 感染や感染疑い1万人超える(NHK、10月25日)

エボラ出血熱、未承認薬の使用を許容(m3.com、10月24日)

マリで初めてのエボラ出血熱の患者確認(NHK、10月24日)

国境なき医師団、エボラ出血熱の回復者が1000人に達したと発表(msn、10月22日)

エボラ出血熱 薬の臨床試験へ 結果に注目(NHK、10月22日)


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
エボラ出血熱とは関係ない広島市の土砂崩れに関する記事です。

広島市は被災地の「保安林」の樹木を県の許可なく伐採していたそうです。

中国新聞
1)http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=100597&comment_sub_id=0&category_id=256&index_flg=1

2)http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=100596&comment_sub_id=0&category_id=256&index_flg=1
------------------------------
★ 「保安林」の間伐事業はかなり以前から林野庁の指導で日本中各地で行われています。

林野庁「保安林制度」
http://www.rinya.maff.go.jp/j/tisan/tisan/con_2.html

広島市水道局
http://www.water.city.hiroshima.jp/jigyo/torikumi/suigen/

広島県
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hiroshimanomorizukuri/1181640880491.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
保安林の整備活動は植林と定期的間伐です。

戦後全国で行われた植林運動で植えられた杉や檜の単相林よりも広葉樹も混ぜた混相林は保水性が高いそうです。

自然の野山のママが最も良いということですね。

匿名
2014/10/29 08:46
エボラ出血熱の感染経路は接触感染ということは、肺から呼吸と共に体外にウイルスが拡散しない代わりに(そして肺からはウイルスが感染しない)感染者の排泄物或いは体液に触れると経口感染(或いは粘膜若しくは皮膚の傷経由)し、体内で敗血症 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%97%E8%A1%80%E7%97%87 の症状を引き起こし約半数が死亡する。

とすると、テレビニュースのゴッグルにゴム手袋や全身を覆う不織布の異様な姿は過剰な装備で無意味ですね。

この異様な過剰防備姿はアメリカ南部でエイズが発見された頃の医療関係者の防御服姿に酷似しています。その後エイズは感染力は弱くHIV感染者と握手しただけでは感染しないと言われるようになりました。

西アフリカの人口に対して感染者は少ないので感染力は弱いウイルスだと思います。ただし感染し易い環境で栄養不良の者が感染すれば発症率ん¥も高く且つ死亡率も高くなるのでしょう。アメリカのエイズも貧困層から発見されました。

今回の西アフリカでの大量¿感染者発生はエボラウイルスだけが原因ではなく(今の所何か解らない)別の要因が寄与していると思います。

エボラ出血熱
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E5%87%BA%E8%A1%80%E7%86%B1

西アフリカで流行?した途端にアメリカ軍が派遣されたのでアメリカ国内では既に大勢感染者がいるか西アフリカから感染者が帰国するのでしょう?

匿名
2014/10/29 12:18
匿名様

「景観づくり」ということで保安林が伐採されたことは理解に苦しみます。1.担当者に安全に対する認識が欠如していた、2.広島市内市役所部で適正な情報の流れと伐採許可があったのか、3.費用の流れと収支、などの情報が公開されるべきでしょう。
畑啓之
2014/10/30 07:25
権現山憩いの森
1)http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1173163715201/
2)http://yakei-world.com/spot_view.php?spot=265

観光スポットなので南側に広がる広島市街区の眺望を良くするために伐採したのでしょう。

桜の木を植えると春には花見客を呼べるので(想像ですが)地元町内会が伐採と桜の植林を広島市に要請したのだと思います。

馬鹿の一つ覚えで桜の木を植える老人が全国に居ます。小生の住んでいる町の公園に「桜の木を植えろ」という要望が寄せられているそうです。桜は春だけですが椿など様々な樹木を植えることで一年中花が咲き人が訪れ憩いの場に成ります。

おそらく桜の木の他に花が咲く樹木を知らない人たちが春が来ると一斉に桜の植林を唱えるのでしょう。そういう声を説得できるだけの樹木の知識も公園造成の専門知識も無い役人が予算消費に法律規制も調べないまま邁進したのでしょう。
匿名
2014/10/30 08:45
匿名様

ありがとうございます。
なるほどと思える理由です。結果的には市の担当者の暴走ということになるのでしょう。
畑啓之
2014/10/30 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
エボラ出血熱は患者との接触の問題ではあるのだが 最近のニュースを集めました アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる