アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 正倉院の校倉造り(あぜくらづくり)は倉内への湿気の侵入を防ぐか?

<<   作成日時 : 2014/11/10 20:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

正倉院の大修理が修了して、一般に公開されたと報じられた。正倉院展の会期(平成26年10月24日(金)〜11月12日(水) 全20日)に合わせての公開となったようだ。

読売新聞 10月25日
大修理終えた正倉院、3年2か月ぶり外観を公開
画像



正倉院は小学校の教科書にも出てきたし、また、小学校の修学旅行でもコースに入っていた。正倉院と聞くと反射的に校倉造り(あぜくらづくり)と出てくる。三角形の木材を組み合わせた外観だ。教科書によると、湿度の低い時は木材から水分が抜けるので木材と木材の間に隙間ができ、外気を倉の中に取り込む。一方、湿度が高くなると木材が水分を吸って膨張するので木材と木材の間の隙間がつまり、湿気の侵入を防ぐとの説明である。

昔は、この説明を聞いてなるほど、と思っていたが、正倉院(Wikipedia)の説明を見るとこのロマンは虚しく崩れ去る。曰く、

校倉の利点として、湿度の高い時には木材が膨張して外部の湿気が入るのを防ぎ、逆に外気が乾燥している時は木材が収縮して材と材の間に隙間ができて風を通すので、倉庫内の環境を一定に保ち、物の保存に役立ったという説があった。しかし、実際には、重い屋根の荷重がかかる校木が伸縮する余地はなく、この説は現在は否定されている[11]。
11.^ 建築史家の鈴木嘉吉は校木収縮説を明確に否定しており、正倉院事務所長を務めた和田軍一も否定的見解を述べている。(鈴木嘉吉「新国宝 正倉院正倉」『月刊文化財』407号、第一法規、1997および和田軍一『正倉院案内』、吉川弘文館、1996、参照)


兵庫県の丹波篠山でこのような民家を見つけたが、これも外見の美のみを狙ったものということになるのだろうか。
画像



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
西の正倉院
西の正倉院
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E3%81%AE%E6%AD%A3%E5%80%89%E9%99%A2

西の正倉院(にしのしょうそういん)は、宮崎県東臼杵郡美郷町にある正倉院のレプリカ建築。門外不出とされていた奈良の正倉院原図を元に樹齢400〜500年の木曾天然檜を使って忠実に再建したもので、正倉院内部を見学することもできる[1]。日向耳川流域

自然と木造建築物に出会う旅(4/6)
http://www.youtube.com/watch?v=DTWSUW5t9mE
----------------------------------------
★ 校倉造りは軸組構造に対して壁構造ですね。

学説もどきもその実は通説や俗説でとんでもない勘違いがある例ですね。
匿名
2014/11/11 08:36
匿名様

ご紹介ありがとうございます。西の正倉院なるものがあったのですね。うり二つですね。

日吉東照宮 - 権現造の発祥。関西の日光。日光の東照宮はこの日吉東照宮が元になったと言われています。ずばりのコピーではないですが、似たような関係です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%90%89%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%AE%AE
写真集
http://www.alchemist.jp/Photo/Hieizan091103/Photo6.pdf

畑啓之
2014/11/11 19:14
水戸東照宮
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%AE%AE

本家は、久能山
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E8%83%BD%E5%B1%B1%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%AE%AE

神社の造りには系統があるようですね。

匿名
2014/11/11 20:56
匿名様

こちらは年代がさかのぼります。

御香宮神社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E9%A6%99%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ、ごこうぐうじんじゃ)は京都市伏見区にある神社である。式内社で、旧社格は府社。通称御香宮、御幸宮。伏見地区の産土神である。初めは「御諸神社」と称した。創建の由緒は不詳であるが、貞観4年(862年)に社殿を修造した記録がある。

写真集はこちらに
拝殿の極彩色唐破風彫刻
http://www.alchemist.jp/Photo/Fushimi140531/Photo3.pdf

畑啓之
2014/11/12 05:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
正倉院の校倉造り(あぜくらづくり)は倉内への湿気の侵入を防ぐか? アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる