アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 小惑星探査機ロゼッタからの着陸船フィラエがチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に無事着陸

<<   作成日時 : 2014/11/13 03:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロゼッタチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星への着陸に成功しました。この彗星は来年の8月13日に太陽に最接近の予定です。

彗星上から太陽系の成り立ちを探る壮大な計画の始まりです。彗星は太陽系初期の状態を残していると考えられ、太陽系の歴史を知る上で重要な知見が得られるものと期待されています。。



朝日新聞デジタル 11月13日

欧州の探査機、彗星に着陸 史上初

ロゼッタと彗星は、火星と木星の軌道の間にある。ロゼッタから切り離されたフィラエは、約7時間かけて幅4キロほどの彗星の核に着陸。表面の成分などを観測し、データを地球に送り返す。




10年前に旅立った彗星探査機Rosetta、史上初の着陸ミッションは本日17時頃から中継。着陸は深夜1時


画像


欧州宇宙機関(ESA)が2004年に打ち上げた彗星探査機 Rosetta が、日本時間の11月12日17時半頃にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星への着陸機 Philae を投下します。着陸には7時間ほどかかり、成否が判明するのは日付が変わった13日1時ごろになる見込みです。

着陸ミッションは日本時間12日17時35分頃から、約22km 離れたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に向けて着陸機 Philae を投下します。着陸には約7時間を擁し、13日1時頃には着陸ミッションの結果がわかる見通しです。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は周期6.57年の周期彗星で、宇宙空間を時速数万kmで移動中。その重力は地球の10万分の1程度しかないため、普通に着陸しようとしてもバウンドしてしまい、再び宇宙空間に弾き返されてしまいます。このため着陸機 Philae は銛とネジによって彗星表面に固定する予定です。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小惑星探査機ロゼッタからの着陸船フィラエがチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に無事着陸 アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる