アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 自閉症の原因は腸内細菌が作り出す4EPSと呼ばれる化学物質!?

<<   作成日時 : 2014/11/18 21:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

人間の体は複雑怪奇だ。まだ、経絡などと聞くと真偽のほどは別にして、「ああ、あれのことか」とわかったような気にもなるのだが、自閉症と腸内細菌に密接な関係があると聞くと、「・・・・・・?」となってしまい、言葉も出ない。

でも、それがかなりの確率で確からしいと下のニュースは伝えている。この内容は自閉症(Wikipedia)にも記されていないので、かなり新しい情報であると考えられる。

自閉症(Wikipedia)より要点のみを抜粋した。

自閉症(じへいしょう、Autism[1])は、社会性の障害や他者とのコミュニケーション能力に障害・困難が生じたり、こだわりが強くなる精神障害の一種。先天性の脳機能障害とされるが、脳機能上の異常から認知障害の発症へといたる具体的なメカニズムについては未解明の部分が多い。

現在では先天性の脳機能障害によるとされており、多くの遺伝的因子が関与すると考えられている。フランス・パスツール研究所の研究チームが、フランス国立医学研究機構およびスウェーデン・ヨーテボリ大学と行った共同研究では、自閉症者の脳内で遺伝子「シャンク3 (SHANK3)」に異常があることが指摘されている。

現代医学では根本的な原因を治療する事は不可能とされている。

自閉症スペクトラム
画像



Wikipediaによると、自閉症は先天的なものである可能性が強く、治療が難しいとされている。

しかし、今回のニュースはある種の腸内細菌が作り出す物質が自閉症の原因物質である可能性があると伝えている。その腸内細菌をプロバイオティクス療法で減少させると自閉症様行動が軽減するという。まだマウスでの実験結果であるが、これがヒトにも適用できると、自閉症患者の数を大きく減らすことができるようになるかもしれない。もし、これが実現できれば、自閉症患者およびその家族にとって大きな朗報となる。

なお、問題の4EPSとは4-ethylphenylsulfate(p-C2H5C6H4OSO3H)。次のブログに今回のニュースとは別の論文の内容が詳しく解説されている。

腸内細菌叢は自閉症スペクトラム障害の行動異常・生理的異常を調節している(2013年12月19日)
Microbiota Modulate Behavioral and Physiological Abnormalities Associated with Neurodevelopmental Disorders.

Hsiao EY, McBride SW, Hsien S, Sharon G, Hyde ER, McCue T, Codelli JA, Chow J, Reisman SE, Petrosino JF, Patterson PH, Mazmanian SK.

Cell. 2013 Dec 19;155(7):1451-63.




ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 11月17日

自閉症、腸と脳のつながり明らかに

 自閉症が初めて認知されてから約60年。症例数は急速に増え、国連の推定では世界で最大7000万人が自閉症スペクトラムに分類されるという。だが、原因や治療法は未だ解明されていない。

 一方、頼もしい手掛かりが腸で見つかっている。これまでの研究により、自閉症児と健常児では、微生物叢と呼ばれる腸内に生息する膨大な数の微生物に著しい違いがあることがわかっている。そして今回、カリフォルニア工科大学で行われた研究の結果、微生物が自閉症の一因となる可能性が初めて明らかとなった。「Cell」誌に先月掲載された論文によると、試験的なプロバイオティクス療法によってマウスの自閉症様行動が軽減し、すでに臨床試験の準備に入っているという。

自閉症児の腸内細菌の種類は極めて乏しく、腸が病原体による攻撃の影響を受けやすくなっている可能性が明らかとなった。また別の研究でも、自閉症患者と健常者では腸内細菌の種類と数が大きく異なることが判明している。

 腸内細菌はいかにして行動に影響を及ぼすのだろうか? シャオ氏がマウスの血液を調べたところ、 “自閉症”マウスの血液には腸内細菌が作り出す4EPSと呼ばれる分子が46倍も多く含まれていた。さらに、健康なマウスに4EPSを注射すると、不安行動の増加が見られた。自閉症患者では、これと似た分子が高いレベルで検出されている。

 プロバイオティクスは胃腸症状を呈する一部の自閉症患者にしか効果がない可能性があるという。また、臨床試験が行われない限り、この結果が人間にも当てはまるのかは不明だ。



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今はどうか知らないかつてはソフトドリンクが子供の異常行動情緒不安定の原因と言われていた。

ソフトドリンクが原因なのかソフトドリンクを多飲する生活が原因なのかは明らかにされなかった...日本の話。

ソフトドリンクを多飲する者の腸内細菌叢を調べれば何かしら因果関係があることが解ったかもしれないが飲料メーカーが陰に陽に反対しただろう。
匿名
2014/11/19 08:38
匿名様

なるほど。相関関係があるかもしれません。
同じ種類の飲食物に偏ってしまってはダメという理由もこのあたりにあるのかもしれません。
畑啓之
2014/11/19 18:09
食べ物の多種多様性という点では欧米などの先進国は限られた動物の肉や野菜を食べているのに比べて未開国や貧乏国や低開発国や未開人は古代人まで遡らなくても昔の人た市と同じ様に年間を通して多種多様の食物を現在も食べている。
匿名
2014/11/20 08:30
ソフトドリンクや果汁飲料には混合物が分離しないで懸濁したままの状態を保たせる目的で界面活性剤が入っている。
匿名
2014/11/20 08:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
自閉症の原因は腸内細菌が作り出す4EPSと呼ばれる化学物質!? アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる