年末を迎えた兵庫県明石の魚の棚 正月準備で賑わう

いよいよ今年も大詰め。兵庫県明石市の魚の棚も賑わっています。

画像



魚の棚(Wikipedia)
 1618年の明石城築城と同時に行われた、宮本武蔵によるとされる町割により、東魚町(現在の本町一丁目)と西魚町(現在の本町二丁目)とができた。東魚町は「東うおんたな」とよばれ主に鮮魚を、西魚町は「西うおんたな」とよばれ主に干物を扱っていた。


普段の魚の棚の様子はこちらの写真集をご覧ください。

    写真集1   写真集2



明石の漁港

    写真集3



明石駅

    写真集4




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック