中国のジャイアントパンダ4頭が犬ジステンパーに罹患し1頭が死亡

犬ジステンパーというからには犬の病気かと思っていましたが、ネコ目(「ねこめ」ではなく「ねこもく」)にも感染するそうです。致死率が90%といいますから、エボラを超えています。

パンダはネコ目だそうです。ジャイアントパンダは漢字で書くと大熊猫、レッサーパンダは小熊猫だそうです。

人間も、犬や猫も、そして鳥も、常にウイルスの脅威にさらされています。



朝日新聞 1月5日

中国のパンダ4頭が感染症、うち1頭死ぬ ワクチンなし

 中国陝西省にある野生動物の研究施設で飼育されているジャイアントパンダが「犬ジステンパー」に感染し、1頭が死んだことが分かった。これまでに4頭が感染し、3頭の感染が疑われているという。感染した場合の致死率は90%に達するという。感染したり、感染が疑われたりしているパンダは隔離されている。施設では25頭が飼育されていたが、18頭は省内の自然保護区に移された。

 犬ジステンパーは、主にイヌの病気として知られるが、野生動物などもかかるウイルス性の感染症。イヌ向けのワクチンはあるものの、パンダに効果があるかは分からないという。食べ物や飛沫(ひまつ)を通じても感染するとされ、今回の感染経路は分かっていない。



犬ジステンパー(Wikipedia)

犬ジステンパー(いぬジステンパー、英: Canine distemper)は、犬ジステンパーウイルス(CDV)を原因とするイヌをはじめとしたネコ目(食肉目)の感染症である。ウイルス性疾患であることが判明し、詳細な研究が開始されたのは20世紀に入ってからである。ニホンオオカミの絶滅の原因となった疾患でもある。


パンダ(Wikipedia)

パンダ (panda) は、ネコ目(食肉目)内の、あるグループに属する動物の総称。現生種ではジャイアントパンダとレッサーパンダ(レッドパンダ)の2種を含む。両種とも中華人民共和国に生息している動物である。

画像




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


この記事へのコメント

匿名
2015年01月05日 19:50
狂犬病はヒトにも感染します。

犬ジステンバーワクチンはあるそうですよ。

この記事へのトラックバック