アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS キツツキがイタチを背中に乗せて飛ぶ その歴史的瞬間!!

<<   作成日時 : 2015/03/04 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

この写真。よく撮りましたね。

まず、キツツキがイタチを背中に乗せて飛ぶことが、どの程度の頻度で起こっているか? このような光景を誰も見たことがなかったのでニュースで取り上げられたのだろう。

さらに、偶然にもこの光景を目撃した人がカメラを持っており、しかもシャッターチャンスも逃さなかった。ちゃんとフォーカスも合っている。


この非常に珍しい写真。記録として引用させていただくことにした。

写真から見るに、キツツキ(アオゲラ、Green Wood Pecker)の大きさは体長21cm、重さ130g。これに対してイタチ(イイズナ、Least weasel)の大きさは体長15cm、重さ35gくらいか。だから、安定して飛べたのでしょうね。

イタチが大きければ飛べないことはもちろん、キツツキはイタチの餌になっていたかもしれません。



アオゲラ(Wikipedia)
全長29cm (29-30cm)、体重120-138g

European green woodpecker(Wikipedia)
The European green woodpecker measures 210–216 mm in length with a 320–330 mm wingspan.

イイズナ(Wikipedia)
雄は頭胴長14-26cm、尾長1.6-3.5cm、体重25-250g。雌は雄よりやや小さい。

Least weasel(Wikipedia)
Average body length in males is 130 to 260 mm (5 to 10 in), while females average 114 to 204 mm (4.5 to 8.0 in). The tail measures 12 to 87 mm (0.5 to 3.4 in) in males and 17 to 60 millimetres (0.7 to 2.4 in) in females. Males weigh 36 to 250 g (1.3 to 8.8 oz), while females weigh 29 to 117 g (1.0 to 4.1 oz).




ナショナル ジオグラフィック日本版 3月4日(水)

キツツキに乗って空を飛ぶイタチ、写真はホンモノ?

 アマチュア写真家マーチン・ルメイ氏がこれを撮影したのは、英国イースト・ロンドンの公園。イタチの仲間イイズナが、キツツキの仲間ヨーロッパアオゲラの背中につかみかかって襲おうとしているようだ。「イイズナは私に気を取られたかもしれません。キツツキは着地し、イイズナは草むらへ走って行きました」とルメイ氏は、英BBCニュースの取材に語っている。

「奇妙なことのように思えますが、これら2種の動物について少し知っていれば、驚くほどのことではありません」と、米国野生生物連盟の専門家デビッド・マイズジュスキーは語る。ヨーロッパアオゲラは、アリを餌にしていて、地上で多くの時間を過ごす。このタイプの鳥は、イイズナなど捕食者にねらわれやすい。一方、肉食動物であるイイズナは、小動物はもちろん、ウサギや鳥など自分自身よりも大きな動物を襲うこともあるという。


画像


画像



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
怪獣は偽物だと直ぐに露見するのでこのような合成写真で在り得ないことで誤魔化す現代の見世物です。
匿名
2015/03/05 08:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
キツツキがイタチを背中に乗せて飛ぶ その歴史的瞬間!! アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる