ゴールデンウイーク点描 琵琶湖疏水の水を浄化する蹴上浄水場が満開つつじ公開

蹴上浄水場は琵琶湖疏水の水を浄化して、上水とする京都市の施設である。毎年この時期になると満開のつつじが咲き誇る。普段は安全のために立ち入ることができない蹴上浄水場であるが、この時期だけは特別に公開される。

蹴上浄水場ができたのは明治45年(1912年)。そのためか、歴史を感じさせる建物が残っている(下の写真集リンク参照)。

浄化の仕組みは、琵琶湖疏水から引き込んだ水を順番に、①活性炭処理、②沈殿処理、③塩素処理である。大阪のようにオゾン処理はしていない。琵琶湖の水は大阪ほどは汚れていないためだろう。浄化された上水は施設内の高所にある配水池に貯め、そこから給水される。

下の写真に沈殿池を示したが、この池はオープンとなっている。安全上の理由から公開されない理由の一つはここにあると考えられる。ここへ第三者が毒物でも投げ入れようものならば、たちまちパニックが引き起こされる。最近はドローンによる犯罪も増え始めているので、施設非公開だけでは100%安全が保障されなくなってきた。将来的には沈殿池に屋根を付けるか屋内に配置するなどの対処が必要となってくる(と感じた)。


画像



画像


画像



蹴上浄水場のつつじ公開 5月4日~6日の3日間

   写真集1    写真集2


画像

画像

画像

画像




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

匿名
2015年05月11日 08:17
浄水場を屋根で覆う利点は、雨水や空中の粉塵や放射性物質が混入しない、そして水が蒸発しない、です。

何よりも良いのは取水源或いはその上流の水質汚染が特定できそれ以外の汚染が防止できることです。

我が家の近所に在る浄水場(分水場)は屋根全面が芝生で覆われていますが敷地内に入ることは出来ません。

この記事へのトラックバック