石碑「豊水の古郷」の意味するところは? 近くにナシの木があるようには見えなかったのだが

昨日のブログに引き続いて、兵庫県大久保北部の田園地帯の話です。池の畔に「豊水の古郷」の石碑を見かけました。

最初に思ったのは、ナシの品種である豊水がこの地で生まれたということですが、豊水は果樹研究所(茨城県つくば市)で作り出さた(Wikipedia)ので、これは違います。国語辞典によると「古郷」と「故郷」は同意であるとなっていますので、ついついこう考えてしまいました。

この石碑の建っているところの地名は、兵庫県神戸市岩岡町古郷(〒651-2404)です。そうすると、石碑の意味は、ナシ(豊水)の産地である古郷となるのですが、近くにナシの木を見ることはできませんでした。古郷は地図に示したように、結構広いですので、きっとどこかにナシの果樹園があると思うのですが。ネットでもまだ見いだせていません。

私と同じ疑問を持った方がいらっしゃったようで、その方の記事を下に引用いたしました。

国語教育を素朴に語る 母里を通って、三木へ③(2013.12.3)
 しばらく歩くと、小さな池があって「豊水の古郷」という碑(④、9時39分)が立っています。このあたりは岩岡町古郷です。豊水というのは梨の種類にありますが、このあたりがその産地であるのかどうかわかりません。溜め池があちこちにありますから、水に恵まれている地域であるということかもしれません。

ダブルクリックすると拡大できます
画像


兵庫県大久保北部にある池
画像


この池の後方には高御位山(播磨富士)が見て取れる
画像


池の畔には「豊水の古郷」の碑が
画像

画像





          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック