小川の流れに藁屋根の家 兵庫県加古川市にもこのような風景がありました

最近は大阪や神戸のベッドタウンとして市内には新しい家が多くたってきていますが、すこし田舎まで足を運ぶと写真の家がありました。

藁屋根の家、横には納屋と思われる建物。おそらくは農家と思われます。
その横の農業用水には澄んだ水が気持ちよく流れていきます。

煉瓦塀からはこの用水に下りられる階段が。ここで野菜でも洗っていたのでしょうか。

心の中にある古き田舎の情景が思い出される一コマでした。


画像

画像

画像

画像




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック