アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 国立銀行は第一五三銀行まであった 今残るはわずかに8行 そして今第十八銀行が消える?

<<   作成日時 : 2016/02/26 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

国立銀行として第一銀行から第一五三銀行が国立銀行 (明治)(Wikipedia)に紹介されている。明治の国立銀行(こくりつぎんこう)とは、1872年(明治5年)の国立銀行条例に基づいて開設された金融機関である。

したがって、国立銀行とはいうが国の条例に従って設立された民間銀行だ。ナンバー銀行の生みの親は渋沢栄一で、自身が第一国立銀行の初代頭取の座についた。現在残っているナンバー銀行は次の8行のみ。

画像



NHK NewsWeb 2月26日
ふくおかFGと十八銀が統合へ 最大規模の地銀Gに

「ふくおかフィナンシャルグループ」が来年4月に十八銀行を完全子会社化し、再来年4月に十八銀行と親和銀行が合併する予定です。



この統合により十八銀行の名は残るのだろうか?

ちなみに、NHKの朝ドラ「あさが来た」の主人公・広岡浅子が1888年(明治21年)に設立した加島銀行(ナンバー銀行ではありません)は、昭和初期の不況によって徐々に経営が悪化。昭和恐慌により大きなダメージを受け1937年(昭和12年)に廃業します。



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国立銀行は第一五三銀行まであった 今残るはわずかに8行 そして今第十八銀行が消える? アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる