アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧山陽道(兵庫県)を加古川から明石まで歩いてみる 大久保以東は都市化が進み地図がたよりに 

<<   作成日時 : 2016/05/14 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

加古川から明石までの旧山陽道散歩です。旧山陽道は西国街道とも呼ばれていたそうで、江戸時代の主要交通路でした。

Google Mapで見ると、下の地図に示しているように、旧山陽道は「山陽道」と記されています。

加古川から大久保あたりまでは、JR東加古川駅の東側近くでマンション群とショッピングモールに進路を妨害されて迂回が必要となりますが、それ以外は昔のままの道が残っています。

大久保あたりではコカコーラ工場に妨害されますが、それ以東は地図を片手にそれらしき道を探して歩きました。ただし、風景は当時とは全く変わってしています。先の戦争の空襲の影響もあるのでしょう。

旧山陽道は明石公園の直前で南に折れ川沿いにその西側をいまの国道二号線の南側まで南下しますが(GoogleMapで追跡できる)、今回の散歩ではそのまま東へと直進し、明石公園へと入るルートとしました。

下の写真には目にした景色のごく一部のみを示しました。

実際の写真は道筋を100m進むごとに撮影しましたので、非常に膨大なものになりました。その割に、特徴的な部分がないので、単調に見えるかもしれません。加古川から大久保までは昔の雰囲気を残していると感じました。大久保から明石間の変容は非常に大きなものがあります。

興味をもたれたら、下の写真集をご覧ください。


写真集

  写真1    加古川市内
  写真2    加古川 龍泉寺、教信寺

  写真3    加古川 教信寺、野口神社
  写真4    加古川市内

  写真5    明石 宝篋印塔、清水神社
  写真6    明石 金ヶ崎神社

  写真7    大久保 コカコーラ社、明治天皇小休所建物
  写真8    大久保 陣屋、住吉神社、西明石駅

  写真9    西明石 坂上寺、明石公園
  写真10   明石公園、明石天文科学館

  写真11   明石天文科学館付近
     


教信寺     YouTubeでも解説
画像


野口神社    YouTubeによる解説
画像


清水新田 宝篋印塔    参考:西国街道 魚住町・長坂寺からJR土山駅
画像


清水神社    参考Web
画像


明治天皇大久保御小休所建物    参考Web     
画像


大久保本陣    参考Web
画像


明石公園
画像


明石天文科学館(表からの姿はよく知っているのですが、裏にはトンボが隠れていました)
画像





旧山陽道を通って加古川から明石へ(Google Mapより)

画像


Part A

画像


地図1
画像

地図2
画像

地図3
画像

地図4
画像

地図5
画像

地図6
画像



Part B

画像


地図7
画像

地図8
画像

地図9
画像

地図10
画像

地図11
画像

地図12
画像


X


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。

想像ですが....街道の両側には松の木が植えてあったはずなので江戸時代はもっと道幅が広かったとおもいます。 

住宅街の道幅と両側が田圃では道幅が大きく異なるので住宅街では松並木を切り倒し道路脇の排水溝を掘ったドサクサの際に両側の家の境界線が街道を喰ってしまったのでしょう。

田圃の畦道が年々細くなるのと似ています。

匿名
2016/05/15 09:35
匿名様

道の両脇に古い家々が立っているところは今の道幅です。山陽道の道幅は加古川〜大久保あたりではおおむねその道幅ですので、昔と大きくは変わっていないと思います。当時家が建っていなかったところは、松の木の分だけ道幅に余裕があり、おっしゃるようなことが起こった可能性がありますね。

旧山陽道の街道松
http://kandoujumoku.com/(38)Q_sanyodou_kaidoumatsu/Q_sanyodou_kaidoumatsu.html

旧山陽道は江戸時代には西国街道と呼ばれ、大阪から長崎に通じる重要な街道でした。この道には1里ごとに一里塚松があり、道の両側に3間(約6m)ごとに街道松が植えられていました。
旅人を癒し、街道の独特の景観を作りでだしていた街道松は、現在その数はめっきり少なくなっていますが、旧山陽道沿いにその面影を見ることができます。

アルケミスト
2016/05/15 15:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧山陽道(兵庫県)を加古川から明石まで歩いてみる 大久保以東は都市化が進み地図がたよりに  アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる