マッチの生産量は年々減少し 兼松日産農林(工場は兵庫県淡路島)が撤退し商標は姫路の会社へ

下に示した(メモ)マッチに関連した情報です。下の資料「姫路の地場産業 マッチ」を見ると、マッチの生産金額は本当に急降下です。

最近の小学生はマッチを擦る機会、あるいは火そのものを見る機会が非常に少なくなっているのではないでしょうか。火を操ることができるようになって、人類の進歩が始まったことを考えると、なんとも複雑ですね。


兼松日産農林 ホームページ

日東社 ホームページ

マッチ(Wikipedia)
現在では姫路市周辺で日本の生産量の80パーセントが生産されている。

姫路の地場産業 マッチづくりについて学びましょう 生産量等のデータあり

姫路の喫茶店でマッチのラベル展(2009年)



画像




(メモ)

日本経済新聞 9月28日朝刊

1面  米「反グローバル」の影 大統領選 直接対決スタート
     クリントン、トランプ 両氏ともTPPに反対 同盟めぐり対決
     クリントン 日本や韓国との防衛条約を尊重する
     トランプ  払うべき対価を払わない経済大国の日本を守ることはできない

15面 マッチ製造販売 国内最大手撤退 兼松日産農林
     家庭用マッチで国内シェア4割を握る最大手
     売上高はピークの1974年の15億円から2億円に縮小
     商標は姫路の日東社に譲渡される



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック