アルケミストは考えた

アクセスカウンタ

zoom RSS 人類長年の夢 確実に地震予知ができる方法の確立はノーベル物理学賞の対象となるか

<<   作成日時 : 2016/10/05 19:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

地震予知の確度が向上したとのニュースです。大地震の20分〜1時間前に、警報を発することができれば災害の程度は大きく低減することが期待できます。今心配されている南海・東南海地震だけでなく、観測網(GPS観測局で観測データをもとに電子数を予測)を張り巡らせることにより、世界中で起こる地震に警報を発することも可能となります。

まだ検証の段階ですが、この方法が確立できれば、機械的に地震予知が可能となりますので、人類にもたらす恩恵は非常に大きいものがあると思います。ノーベル物理学賞受賞も夢ではないと私は思いますが・・・・・




マイナビニュース 10月4日

京大、公開データのみを用いて大地震発生直前の電離圏異常の検出に成功(抜粋)

京都大学(京大)は10月3日、M9.0の2011年東北地方太平洋沖地震の本震、M7.3の三陸沖地震(2011年東北地方太平洋沖地震の前震)、M7.1の東北地方太平洋沖地震の余震の直前に、上空の電離圏電子数の異常を捉えることに成功したと発表した。

(中略)

同研究グループは、数十億光年の彼方にあるクエーサー等の電波星から放射される電波を、複数のアンテナで同時に相関を取ることで受信可能にする電波計測技術「VLBI(Very Long Baseline Interferometry:超長期線電波干渉法)」にヒントを得ることで、異常検知法を開発した。

(中略)

同研究グループは今回の成果について、M7以上の大地震発生1時間前から20分前の直前予測の可能性に道を開くものであり、今後公開データのみを用いる同手法の地震直前予測能力の第三者検証が進むことが期待できるとしている。



画像



(メモ)

日本経済新聞 10月5日朝刊

1面  日立、2事業売却へ 日立工機など1000億円超 選択と集中 加速

38面 化血研、また不正製造 日本脳炎ワクチンで

Webニュース 
【10月5日 AFP】スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2016年のノーベル化学賞を、フランスのジャンピエール・ソバージュ(Jean-Pierre Sauvage)、英国のJ・フレーザー・ストッダート(J Fraser Stoddart)、オランダのバーナード・フェリンガ(Bernard Feringa)の3氏に授与すると発表した。授賞理由は分子機械に関する研究。

 王立科学アカデミーは3氏について「制御可能な運動をする分子複合体を開発した。これらはエネルギーを与えると仕事を行うことができる。……分子機械は、新素材やセンサー、エネルギー保存システムなどの開発に使用される可能性が最も高い」と述べた


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人類長年の夢 確実に地震予知ができる方法の確立はノーベル物理学賞の対象となるか アルケミストは考えた/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる