散歩途中に見つけた多木化学の肥料運搬用貨物車 なんと綺麗に保存されていることか!

本日の旧別府鉄道跡(兵庫県加古川市)を通っての散歩途中に、懐かしい国鉄の貨物車を見ることができた。記号は「ワ」となっている。これは国鉄の車両記号でワゴン(Wagon)を意味している。加古川南部・海岸沿いの多木製肥所(現多木化学)から旧国鉄路線(山陽本線)へと肥料の積出をしていた貨物車だ。おそらくは、今は、農業資材の保管用に使われているのだろう。

別府鉄道の機関車と客車車両はこのブログ、多木化学の肥料積み出し鉄道「別府鉄道」あとは生活道路に大変身を遂げている (2016年1月14日ブログ)に示す様に保存されているが、貨物車を見ることは今まではなかった。この場所にいつからあったのだろう。非常に綺麗な状態であるのもビックリである。

画像


別府鉄道は1984年に廃線となったので、この貨物車はそれから実に30年の時を経ている。この場所を何十両もの貨物車を連ねて貨物列車が走っていたなんて、今となっては想像もできない。変化の著しい現代においては、30年という時間はそれほどに遠くにある。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック