「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料17 日本触媒アクリル酸タンク爆発事故

 日本触媒でのアクリル酸タンクの爆発事故について解説する。

 この事故は説明資料16の事故と同様、タンクの下部にしか冷却管がないにもかかわらず、液循環を怠ったために、タンク上部においてゆっくりと異常反応が進み、やがてその反応速度が加速度的に速まり爆発に至ったものである。

 スライドには2つの反応式が示されているが、まず上の反応がゆっくりと進み小さいながらも反応熱を発して液温を上昇させ、次いで反応熱の大きな下の反応が急激に進んだものと推定される。

 この作業は、このアクリル酸タンクへのアクリル酸の一時貯留を目的に進められたものであり、非定常作業であった。

 なぜ、この爆発が起こったか。状況を知ってしまえばナゼと考え込んでしまう初歩的な誤りから生じた事故であるが、このいわゆるこの「当たり前」が見えないために起こるのが事故である。説明資料16とこの事故は、全く同じ原因で起こっている。

 この事故を防ぐには、一人の目で安全を確保しようとするのではなく、複数の目、分野の異なる複数の専門家の目をも交えて、多角的に安全を図っていくことが重要となる。その手法には説明資料23(後日掲載の予定)に示すようないろいろな手法があり、また、事故事例等を知るためには説明資料24(後日掲載の予定)に示されているサイトを覗いてみることが有用である。


画像



 本ブログの記事は、私のホームページ「アルケミストの小部屋」に掲載の「化学反応の関与する事故を中心に」より抜粋したものです。
 下の(解説)では、94ページからなるPDF資料をその内容に従って37の部分に分け、各部分ごとに解説を加えています。
 本一連のブログではその解説の1~37を順次紹介することを目的としています。
 ホームページにおいては必要に応じて「説明資料」間でのリンク、あるいは外部記事(Web)とのリンクを張っていますが、このブログではその多くを省略しています。
 資料全体の詳細を確認したい場合には下に示した(解説)となります。

     ホームページ アルケミストの小部屋
     化学反応の関与する事故を中心に(PDF) 
     化学反応の関与する事故を中心に(解説)
     フェイスブック 畑 啓之


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック