「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料33 硝酸アンモニウムの爆発

 硝酸アンモニウムに関する大きな事故事例を集めた。硝酸アンモニウムは説明資料31でも示したように、それ単独でも爆発する。

 スライド1は固化した硫硝安混成肥料をダイナマイトで破砕する作業時に発生した大爆発である。過去に3万回以上も同じ作業をしており、なぜこんなものが爆発したのか、とは率直な感想である。爆発事故事例(日本カーリット)には次のように記されている。

引用
その後の実験でも、この複塩を爆発させることは非常に困難なことが示された。この例は、普通の爆発の試験法では爆発しないと判断される物質が非常に大量の場合には大規模起爆によって爆発することもあることを示した例で、危険物の評価に関して考えさせられる例である。
出典:化学薬品の安全-反応性化学薬品の火災・爆発危険性の評価と対策- 前東京大学教授吉田著 大成出版社(1982) 

 スライド2のベルギーの例は全くの人災である。テキサスシティの例は硝酸アンモニウムが単独で大爆発を起こした例であり、その原因はテキサスシティ大災害(Wikipedia)によると次のようになっている。

引用
1947年4月16日の午前8時頃、フランス船籍の貨物船グランドキャンプ号の船内で火災が発生。当初はボヤ程度だったが、積荷の硝酸アンモニウムが放水によって傷むのを恐れた船の関係者が消火活動を拒否したため火勢が強まった。午前8時半から9時にかけて、硝酸アンモニウムの燃焼による黄金色(あるいは黄色かオレンジ色)の「美しい煙」が立ち上り、午前9時12分頃、大爆発。

 スライド3の北朝鮮の例は記憶に新しい。それぞれ、燃えるもの(油)と燃やすもの(硝酸アンモニウムを積んだ貨車同士がぶつかって大爆発、は条件を謀ったような大爆発である。テキサス州肥料工場爆発事故は犯罪の可能性があるとの結論のようだ。本爆発事故はWikipediaには次のように記されている。

引用
BATFE(アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)は平成28年5月11日、この事故の原因が放火もしくは故意によるものと断定し、犯人逮捕に直結する情報を提供した者に最大で5万ドルの懸賞金を提供することを発表した。

 スライド4の天津での爆発事故は記憶に新しい。大爆発の原因は、結局は硝酸アンモニウムにあったようである。

 スライド5は、硝酸アンモニウムからは離れるが、過塩素酸アンモニウムの爆発が引き起こした事故である。過塩素酸アンモニウムは多くの固体ロケットで酸化剤として用いられている。このスライド中で(s)は固体を表し、(g)は気体を表す。


画像

画像

画像

画像

画像



 本ブログの記事は、私のホームページ「アルケミストの小部屋」に掲載の「化学反応の関与する事故を中心に」より抜粋したものです。
 下の(解説)では、94ページからなるPDF資料をその内容に従って37の部分に分け、各部分ごとに解説を加えています。
 本一連のブログではその解説の1~37を順次紹介することを目的としています。
 ホームページにおいては必要に応じて「説明資料」間でのリンク、あるいは外部記事(Web)とのリンクを張っていますが、このブログではその多くを省略しています。
 資料全体の詳細を確認したい場合には下に示した(解説)となります。

     ホームページ アルケミストの小部屋
     化学反応の関与する事故を中心に(PDF) 
     化学反応の関与する事故を中心に(解説)
     フェイスブック 畑 啓之


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック