「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料26 硝酸アンモニウムの物性と熱分解

 このスライドでは硝酸アンモニウムの物理的性質とその発熱分解について記す。

 スライド1には硝酸アンモニウムが水に溶けやすいこと、また吸湿性が強いことを示している。さらに、硝酸アンモニウムの結晶は温度の変化により多くの結晶系を取り、たとえば32.5℃で結晶系が変化するとその密度も合わせて変化することから、結晶系が変わるたびに硝酸アンモニウム結晶の粉化が進んでいくと考えられる。この粉化現象が説明資料34(後日掲載の予定)のタカタ製エアバッグの爆発事故の原因になったのではないかと考えられたが、いまだその原因は不明のままである。

 スライド2では硝酸アンモニウムは発熱しながら亜酸化窒素(N2O)を発生することを示している。また、発生した亜酸化窒素も窒素と酸素へと発熱的に分解する場合がある。亜酸化窒素の爆発事故は説明資料28(後日掲載の予定)で取り上げる。

 さらに、スライド2には、参考までに一酸化窒素(NO)も発熱的に窒素と酸素へと分解し、液体や固体状態の一酸化窒素では爆轟に至ることを示した。一酸化窒素の爆轟事故については説明資料29(後日掲載の予定)で触れる。


画像

画像



 本ブログの記事は、私のホームページ「アルケミストの小部屋」に掲載の「化学反応の関与する事故を中心に」より抜粋したものです。
 下の(解説)では、94ページからなるPDF資料をその内容に従って37の部分に分け、各部分ごとに解説を加えています。
 本一連のブログではその解説の1~37を順次紹介することを目的としています。
 ホームページにおいては必要に応じて「説明資料」間でのリンク、あるいは外部記事(Web)とのリンクを張っていますが、このブログではその多くを省略しています。
 資料全体の詳細を確認したい場合には下に示した(解説)となります。

     ホームページ アルケミストの小部屋
     化学反応の関与する事故を中心に(PDF) 
     化学反応の関与する事故を中心に(解説)
     フェイスブック 畑 啓之


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック