技術⼠⼀次試験は多くの受験者が当落線上に集中? 8点±1点をめぐる攻防

技術士一次試験は基礎科目、適正科目、専門科目の3つよりなる。すべての科目に合格点を取ってこの試験は合格となる。この3科目の中で一番の難関は基礎科目と言われている。その理由はあまりにも出題範囲が広いからである。

基礎科目は30問出題されその中より15問を選択。内、8問正解すればこの科目は合格となる。
8/30=27%であるので考えようによっては楽な試験である。だが、現実にはそうはなっていない。


平成25年からの合格率を下表に示したが、合格率は50%あたりである。大学入学試験でもそうだが、1点差で明暗が分かれる。合格不合格ラインに多くの受験生が集まっている。
この基礎科目でもおそらくそうなっている。あと1問正解していれば合格という人が結構多いに違いない。この1問の正解を稼ぎ出すために、多くの努力が傾けられる。




図表入りの記事はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/200620.pdf

ブログ一覧はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/Blog-002.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント