技術⼠⼀次試験 基礎科⽬  令和1年度再試験  この問題が難しい 熱伝導 は振動するか?


令和1年度再試験


正答 ➃

この問題は常日頃より熱伝導を取り扱っている人にはそんなに難しい問題ではありません。そうでない人にとっては、➃だけ文章がやたら長くて、さて何を言っているのか戸惑うかもしれません。

時間に関する2階微分を含む式の代表例がバネの振動です。次ページにWebより引用しました。

この問題は、高校までに習った物理で、①~③、⑤は間違いであることが分かり、消去できます。従って、消去法で➃が残ることになりますので、今回難問に取り上げはしましたが、多くの方が正解に至るのではないでしょうか。

熱伝導。下の解答にも示しましたが、
➃ 熱伝導は高温側より低温側への温度勾配により熱が伝わる。単位時間当たりの熱の移動量を式で書けば、Q=AUΔTで、Qは単位時間あたりに移動する熱量、Aは伝熱面積、Uは熱伝導率、ΔTは温度勾配で(T1-T2)/L、ここにT1とT2は高温側と低温側の温度、Lは熱が伝わる距離です。この式に時間は出てきません。

ということです。



図表入りの記事はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/200621.pdf

ブログ一覧はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/Blog-002.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント