播磨臨海道 内陸・加古川ルートに決定される 東⻄⽅向交通緩和のため

新聞記事からは多少不確かではあるが、内陸ルートの通る地点をGoogle地図上に描いてみた。

これを見ると、山陽電車の高砂駅近くを通過し、さらに神戸製鋼所の敷地内を通過する計画であるようだ。

現在、東西方向の交通は、図に赤線で示した加古川バイパス(1970年開通)。その南に国道2号線。さらにその南に浜国道(明姫幹線、1980年開通)。そしてさらにその南に旧浜国道と4本の道が通っているが、この加古川ルートが増えると一気にさらに2本道路が増えることになる。

播磨臨海道が完成すれば、朝夕の渋滞はかなり緩和されることになるだろう。

関連ブログは次のアドレスにあります。
播磨臨海地域道路が開通すれば、ますます利便性向上が期待できる播磨南部地域
http://www.alchemist.jp/Blog/191216.pdf




図表入りの記事はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/200630.pdf

ブログ一覧はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/Blog-002.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント