技術⼠⼀次試験の適性科⽬は難しくない 倫理観を持って常識的な判断ができるように

6月18日に書き上げた「技術士一次試験 基礎科目問題を極める」の次の書として、
「技術士一次試験 適性科目を極める」を書こうと、この2日間、過去問題を実際に解いてみた。(平成16年度~令和元年度再試験、15問×17回=155問)

その結果、得られたことは、個々の問題を解くことも大切であるが、日本技術士会が、すなわち日本国が、技術士に期待していることを理解できていればよいということであった。

過去問の分類表はまだ作成途上ではあるが、おおむね以下のようである。受験生が各自でこの分類表を作成し、分野を順番に征服していけば、自然と合格に至る。

従って、書籍「技術士一次試験 基礎科目を極める」とは違って、書籍「技術士一次試験 適性科目を極める」の作成は必要ないとの結論に至った。過去問をあたり、技術士に必要とされる倫理観を中心に身に付ければ、この科目は必ず合格する。

(参考)
書籍「技術士一次試験 適性科目を極める(畑啓之著、2020年6月18日)」
http://www.alchemist.jp/announcement200701.html





図表入りの記事はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/200708.pdf

ブログ一覧はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/Blog-002.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント