⽇本では新型コロナウイルス感染第2波の恐怖の中だが世界はまだ第1波

本日の大機小機では、世界中の国を比較して、今回のコロナウイルスの被害が比較的少ない国々は西太平洋に偏り、その国名は日本、韓国、シンガポール、台湾、オーストラリア、ニュージーランドであると報じている。

ここに挙げられた国々の特徴を考えると、身の回りを清潔に保つ習慣や、また政治的に対コロナ戦略を打ちやすかったことが考えられるが、なんといっても一番は辺境の地であること、すなわち大陸から物理的距離があることである。

記事では、「時代の大変革期を迎えて人的投資を拡大するなど、コロナ後の『よりよい復興』の牽引車の役割を期待したい」と結んでいる。なにをどうすれば世界の牽引車役になれるかを記していないところが新聞記事である。ヒト・モノ・カネ・情報、さてこの中で日本が強みとして持っているのはどれだろう。まずは、日本人が忘れかけているやる気、そして運鈍根を思い出す必要があるのでは。

やればできる、やっているうちに何とかなるものだ、ということを身をもって体感することがアフターコロナの時代には求められる。



図表入りの記事はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/200714.pdf

ブログ一覧はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/Blog-002.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント