1年前の今日  ジェット駆動「フライボード」でドーバー海峡をひとっ⾶び?の快挙

1年前の今日  2019年8月5日

本日の私の注目記事はフライボードである。映画バック・トゥ・ザ・フーチャーではホバーボードというスケートボードの登場が画期的であったが、これは地上すれすれに移動した。今回のフライボードから連想できるものは戦闘機ハリアーである。

ホーカー・シドレー ハリアー (Wikipedia)
イギリスのホーカー・シドレー社が開発した世界初の実用垂直離着陸機(VTOL機)である。

これを小型化したものが、今回のフライボードになると思われる。したがって、推力を発生させるのは小型のジェットエンジンである。時速140kmで35kmを飛行するのに要する時間は15分である。実際には20分かかったとあるので、差分の5分間は、行程途中の船上での灯油燃料の補給時間と言うことになるのだろう。

神戸新聞以外の情報も取得した。

仏発明家、「フライボード」による英海峡横断に成功
2019年8月4日AFPBB News
【AFP=時事】先月行った1回目の挑戦は、海上での給油の際に海に落下し失敗していた。
 ザパタ氏は、ジェットエンジンを搭載したフライボードでフランス北部沿岸のサンガット(Sangatte)を離陸。20分後に英イングランド南部沿岸のドーバー(Dover)に到着した。
 ザパタ氏のフライボードは小型のタービン5基を搭載しており、最高速度は時速190キロに達する。燃料の灯油はバックパックの中に積載されているが10分ほどしか飛行できない。
 7月25日の1回目の挑戦では、バックパック交換のため英国の領海内に待機していた船への着艦に失敗。海へ転落していた。
 ザパタ氏は今回、水面から15~20メートルの高さを平均時速140キロで飛行し、35キロの行程を20分で横断する計画を立てていた。



図表入りの記事はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/190805.pdf

ブログ一覧はこちらにあります。
http://www.alchemist.jp/Blog/Blog-002.html



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント