1年前の今日  「明⽇はかってにやってくる」が伝える、旧家に⽣まれたゆえの逃れ得ぬ宿命

1年前の今日  2019年8月11日 書籍「明日はかってにやってくる(多木和子、2019年)」を読んだ。著者は多木化学の社長の家柄に生まれ、多木久米次郎のひ孫にあたる。多木家の一人娘であり、養子を迎えて会社を守っていかなければならない宿命を負っていた。 書籍の中では、約200年前の家の歴史から話を始め、現代の多木幼稚園に…
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチならぬ働きバエ(ビーフライ)が受粉 農家を助ける

ミツバチに危機が報じられてからすでに10年が流れたが、その間に状況は好転していないようだ。ミツバチに代わって2012年から活躍しているのが、ハエである。寿命はミツバチより少し短いが、その活動条件や活動温度の制約が少なく、農家の助けになっている。 ミツバチが少なくなった時のニュースでは、人が受粉して回る光景がニュースで映し出された。もは…
コメント:0

続きを読むread more