世界と日本のノーベル賞受賞者数と賞金額について

日本経済新聞に、ノーベル賞受賞者に与えられる賞金額が記されていた。

本日のブログは昨日に続いてノーベル賞に関するものであるが、本日はノーベル財団の懐事情と、世界および日本人のノーベル賞受賞者に関して記載する。

なお、ここに記載している内容は、私の2011年4月ノートよりの抜粋であるので、その後の情報が一部欠落している部分がある。



日本経済新聞 10月10日

ノーベル賞、賞金価値変動

2014年は1つの賞について800万クローナ(約1億2000万円)
アルフレッド・ノーベルの遺産額は現在の価値に直すと約17億クローナ(約250億円)もあった。
賞金はこの遺産の運用(不動産や株式などに投資)で賄われている。

画像




私のノートより

ページ19
画像



ページ20
画像



ページ34
画像



ページ35
 大沢映二先生がノーベル賞を逃したと記載してある。フラーレンの存在の可能性を示したこの論文だけが、先生の出された論文のなかで唯一日本語であったため。
画像



ページ36
画像



ページ37
画像



ページ38
画像



ページ48
  前ページでイスラエルの受賞者も多いが、それよりもユダヤ人の受賞が際立って多い。
画像



ページ39
画像



ページ40
画像

            山中伸弥、生理学・医学賞、2012年


ページ41
画像

            莫言、文学賞、2012年



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


"世界と日本のノーベル賞受賞者数と賞金額について" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント