小さなナンバーワン企業 小さな領域でも一番であるということは強みである

小さな市場であってもその分野で一番であるということは、競走をしていく上で非常に有利である。日本経済新聞(2003年1月14日)に「小さなナンバーワン企業、世界市場に挑む」という記事がある。そこでは小さいながらも特徴のある技術や製品を持った37社が紹介されている。

37社のうち、エスアイアイ・マイクロパーツは親会社のセイコーインスツルに吸収されているが、それ以外の会社は業容を変えることなく健在である。

売上高については、ホームページ上に記していない会社も多い。わかったものだけを記載すると次のとおりである。左側が2003年、右側が現在で、単位は億円である。

 東和電機製作所  13 →  40
 岡本硝子       44 →  58
 テイエルブイ     53 →  70
 三笠産業       65 → 114
 ヒロボー        28 →  28
 いうら         13 →  17

いずれの会社も成長している。

小さくても、属する分野ではナンバーワン。持てる技術とノウハウ、そこに資源を集中してさらに強みを増す。理想的な姿であり、そういう企業が強いということをここに示した37社が証明している。



タイコーデバイス
 (2003年)自動車部品のリレー 品質勝負、世界シェア15%から25%を狙う 売上高40億円
 →
 (2014年)自動車電装用リレーの設計~独自の自動化設備による製造、さらには販売までグループ内で
  一貫体制を整備。年間約1.5億個を生産し、国内シェア42%、世界
シェア13%


白鳳堂
 (2003年)職人技で高級品の地位確立 売上高6億円、内8割が化粧筆
 →
 (2014年)化粧筆は健在、売上高の記載なし

大英技研
 (2003年)中華惣菜製造機、「生春巻きの皮」参入 春巻き製造機のシェアは100%、シュウマイや
  ワンタン製造機のしゃえは90% 売上高の記載なし
 →
 (2014年)事業は健在、売上高の記載なし


日本経済新聞 2003年1月14日
画像




          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る


"小さなナンバーワン企業 小さな領域でも一番であるということは強みである" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント