アベノミックスを争点に衆議院解散 各党の公約実現性に耳を傾けよう

安倍首相により明日衆議院の解散宣言がなされ、12月2日公示、14日投票に向けていよいよ選挙戦のスタートとなる。「師走」ならぬ「士走」である。

今回の選挙は世に「大義なき選挙戦」とも揶揄されているが、安倍内閣としては始めてしまったアベノミックスを何が何でも成功させるための手続きのひとつである。安倍内閣の閣僚からすると、このギャンブルはもう少しうまく運ぶと思っていたかもしれないが、現実は描いていた青写真から乖離し始めた。そこでカンフル剤を打ち込む必要に迫られたといったところだ。ギャンブルであるから思ったように進まないのは当然ではあるのだが。

選挙に快勝すれば、インフレターゲット達成の行方はともかくとして、自信を持って政権運営に邁進できるであろう。ぎりぎりで勝利を収めた時にも、消費税を10%に上げる期日についてはすでに公約の内である。もし、自民党が過半数を割るようなことになれば、日本の国がこの先、どのように歩んでいくのか、今の私には想像できない。

国の1000兆円を上回る借金は私たち国民に重くのしかかっている。この借金を棒引きにする一番簡単な方法はハイパーインフレを起こすことであるが、それではあまりにも能がない。政治家の無能を世界に公言するようなものである。したがって、やはり緩やかなインフレにより経済を活性化し、税収を増やしながら国民生活も豊かなものにしていく。その考え自体は間違っていない。従来のデフレ下の経済ではじっと国が死にゆくのを待つだけであったのだから。

今の勢いであれば自民党は過半数を確保できるとは思うが、対する野党にも頑張ってもらいたい。いつしかの、「何々をします、何々もします」というのもいいだろうが、その裏付けをしっかりと示してもらいたい。国民は絵に描いた餅はもういらない。また、今回の選挙の論点であるアベノミックスについても、ただ「アベノミックスが間違っているから景気が低迷しかかっている」ではなく、だったらどうすれば良いのかの対策に具体案を盛り込んでもらいたい。そのような野党であれば、きっと浮動票の多くが流れ込むことだろう。

国民は消去法で政党を選ぶかもしれない。だが、いくら消去法といっても、すでに過去に苦い経験しているので、甘言には騙されない。国民も学習した。私はそう信じたい。


          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

"アベノミックスを争点に衆議院解散 各党の公約実現性に耳を傾けよう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント