マネジメントサイクル PDCAを有効に使っていますか?

PDCAに関して私が常日頃考えていることは、

1.人とは同じことをしない(何をするかではなく、何をしないかを大切にする)
2.無理のない計画を立てる(無理をすると計画遂行のためのみのActとなり、見えるべきものが見えなくなる)
3.あきらめるポイントを決めておく(ここまでやってうまくいかなかったらあきらめる)

その上で、

マネジメントサイクル PDCAを有効に使っていますか? よくある間違いは・・・ これは致命的です

PDCAサイクル。これはマネジメントサイクルとも言われ、耳にタコができるほど聞かされているし、自分でも実践している、経営学や研究などにおける、初歩の初歩である?? とみんなが思っている。

しかし、自分自身ではわからない落とし穴がそこにはある。よく経験するのは、立派な計画(Plan)を立ててそれを実施(Do)した。さて、それを評価(Check)する段階となってハタと困ることになるケースである。

Checkができなければ、何が悪いか、どこに問題があるかがわからないので、悪いところを修正(Act)することができない。

さて、このPDCAにとってどこが一番の問題であったか?

よく置き去りにされるのはCheckの方法を具体的に決めずに、Planを立ててしまうケースです。評価できないDoは時間の無駄、資源の無駄使いである。Planを立てるときには、同時に得られるであろう結果を想像し、その結果を評価する方法を予め決めておかないとよい仕事ができない。

PDCAで一番重要なのは私は評価能力(Check)だと思う。かのデミングもCheckをわざわざStudyと置き換えたと、下のWikipediaには記されている。

Checkの大切さがわかれば、想像力もたくましくなるし、Doの結果、得られる多くの可能性もDoする前から考えておくことができる。これが能力というものの本質かもしれない。


PDCAサイクル(Wikipedia)

PDCAサイクルの概念図PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

PDCAサイクルという名称は、サイクルを構成する次の4段階の頭文字をつなげたものである。後に、デミングは、入念な評価を行う必要性を強調してCheckをStudyに置き換え、PDSAサイクルと称した。

1.Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
2.Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
3.Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
4.Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげ、螺旋を描くように1周ごとにサイクルを向上(スパイラルアップ、spiral up)させて、継続的に業務改善する。この考え方は、ISO 9001、ISO 14001、ISO 27001、JIS Q 15001などの管理システムや、ソフトウェア開発におけるスパイラルモデルを始めとする反復型開発などにも反映されている。また労働安全マネジメントシステムでは、これらのISOと同様なPDCAサイクルを活用して危険元凶を特定しリスクアセスメントを行うことでリスク低減を継続的に実施している。



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る



"マネジメントサイクル PDCAを有効に使っていますか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント