同じ5800億円、豊洲新市場と高速増殖炉もんじゅ その軽重はどう考えるのか?

9月21日の日本経済新聞朝刊に掲載されていた記事2つ、

豊洲ずさんな設計監理 歴代の責任者「空洞認識せず」
   5884億円を投じた巨大事業

もんじゅ廃炉の方向 核燃料サイクルは堅持
すでに1兆円超の事業費を投じ、再稼働させた場合、文科省はこれからの18年間で
   約5800億円の費用が必要と試算する。


方や関東地方の「現在の食」に直結。方や、日本の未来のエネルギー確保に貢献の可能性。
「今」を取るか? 「今と未来」の両方を取るか?

もんじゅは金額の大きさに圧倒され、結論ありきで話が(とんとん拍子に)進んでいるように感じられて仕方がありません。メリット-デメリット、実現可能性を踏まえて、ゼロベースで考えてみる必要があるのではないでしょうか?



画像




9月26日の日本経済新聞朝刊

1面  GE、東電と効率発電 IoTで運転監視 火力にコスト競争力
     米国では発電所の効率が1~3%改善
     ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた設備では、効率1%改善で年数億円以上の削減効果
     東電が全発電所にこのシステムを導入した場合、削減効果は年100億円を超える見込み

31面 金型復権の兆し テスラがほれた
     富士テクニカ宮津 米テスラモーターズの主力EV「モデルS]のボディ骨格 
     シャーシーなどすべてアルミ製  金型誤差は数マイクロメートル

9月26日の神戸新聞朝刊

23面 加古川で来年に「第6回全国コットンサミット」開催
     加古川では2014年から「加古川コットンプロジェクト」が始動
     ※加古川下流域は姫路藩の木綿「姫路木綿」の特産地であった。



          ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

"同じ5800億円、豊洲新市場と高速増殖炉もんじゅ その軽重はどう考えるのか?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント