テーマ:技術

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料37 ボパールの爆発事故

 ポバールの事故  これも間違いなく人災です。スライド1には設備の整備不良とルールが守られなかったこととあります。  スライド2にはどのような反応が起こったかが記されています。水の混入により発熱と二酸化炭素ガスの発生が同時に進行しました。イソシアン酸メチルは沸点が39℃で気化しやすい化合物です。私は説明資料12のスライド2の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料36 セベソの爆発事故

 セベソの事故  これも人災です。また、作業員の教育の問題でもあります。事故を起こすかもしれない重要工程であればダブルチェック体制も必要であったでしょう。  これもHAZOP。「このようなことをすればこのような結果をもたらす」原因と結果の教育が必要です。  写真のような絵図は日本でも話題になりました。焼却炉に高濃度のダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料35 フリックスボローの爆発事故

 以上、読み進めてきて、化学物質の反応にかかわる事故のうち、その多くが人の判断ミスや、本来気が付いていなければならないことに気付いていなかったためにおこった事故であることが理解できたことと思う。  ここからの数ページは、西川康二先生の書かれた文章から重要事故例を引用させていただき、化学反応に起因する事故を再認識することにする。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料34 タカタのエアバッグ爆発事故

 エアバッグは火薬の爆発で発生したガスでバッグ(クッション)を膨らませる。火薬の爆発速度が速すぎるとバッグが急激に膨らみ人体を強打して傷つけることになるし、遅すぎると本来の役割を果たさなくなる。したがって、そのガスの発生速度にはスライド1に示したように、適正な設計が求められる。  スライド2にはタカタのエアバッグのリコールの状況と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料33 硝酸アンモニウムの爆発

 硝酸アンモニウムに関する大きな事故事例を集めた。硝酸アンモニウムは説明資料31でも示したように、それ単独でも爆発する。  スライド1は固化した硫硝安混成肥料をダイナマイトで破砕する作業時に発生した大爆発である。過去に3万回以上も同じ作業をしており、なぜこんなものが爆発したのか、とは率直な感想である。爆発事故事例(日本カーリット)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料32 火薬類の爆発事故

 スライド1は人によって引き起こされた核爆発以外の大爆発一覧(Wikipedia)というすごい名前の付いたページより抜粋した。ここに示されている火薬とは黒色火薬のことで、1800年以前にこのように多くの火薬が蓄えられていたことに感心する。黒色火薬は硝石(硝酸カリウム、KNO3)、木炭、イオウの混合物で、その硝石は動物や人間の排せつ物をア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料31 爆薬の性質とその危険性

 スライド1には爆発性化合物の性質を示した。これらは混合物ではなく化合物である。爆速(爆轟速度)の推算方法は説明資料4で示した。落槌感度は、この数値が小さいほどショックに敏感であり、ニトログリセリンではちょっとした刺激でも爆発(爆轟)に至りやすいことを示している。硝酸アンモニウムは爆速が小さいこと、ショックには非常に鈍感であることが示さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料30 爆轟を利用するロケットエンジン

 デトネーション(detonation)は爆轟のことである。爆轟を利用して飛翔するロケットエンジンに関するニュースが新聞に掲載された(スライド1)。このスライドに示すように特許も出願されている。  このロケットの売り文句は、ロケットエンジンにエチレンと酸素を供給するときにはエンジン燃焼室内の圧力が低いのでその供給に特に高い圧力を必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「化学反応の関与する事故を中心に」 説明資料29 一酸化窒素の爆発事故

 一酸化窒素(NO)が液体状態あるいは固体状態で爆轟することは知られている。その知見を持ちながらアメリカの企業が一酸化窒素の蒸留を行っていた時に、スライド1に示した事故が発生した。蒸留の目的は窒素の同位体(窒素15)を分離することにあり、蒸留塔本体は爆発を予見して地下に埋設されていた。事故調査報告書 Explosion at Bioch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術士一次試験の「有限要素法」には難しい問題が出題される?

有限要素法。この方法は構造解析や機械設計、そして流体解析などに今や必須の手法である。有限要素法(Wikipedia)には次のように記されている。 「有限要素法は数値解析手法の一つ。解析的に解くことが難しい微分方程式の近似解を数値的に得る方法の一つである。方程式が定義された領域を小領域(要素)に分割し、各小領域における方程式を比較的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術士一次試験まであと一か月 基礎科目はこのサイトで効率的な学習を

10月8日は技術士一次試験。試験までいよいよ1か月を切った。 この試験に合格するためには、基礎科目、適正科目、専門科目の3つの科目の全てにおいて合格点を取らなければならない。この3科目の中で、受験生にとって特に難しいとされるのが、基礎科目である。 基礎と名がつくから簡単であるとの印象があるが、その中身は次の5つの群、第1群(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸港のメリケンパークでテクノスーパーライナー船「疾風」の撤去作業が始まったと

撤去作業は8日に始まったそうだ。  2隻は1990年完成で全長約30メートルの超電導電磁推進船「ヤマト1」と、94年完成で全長約17メートルのテクノスーパーライナー「疾風」。ヤマト1は、電磁力による海上航行に世界で初めて成功した。疾風は浮力と揚力による高速航行の実験を目的に、最大時速約75キロを記録した。だが、ヤマト1は船体の重量…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

兵庫県三木市の「三木金物まつり2016」が本日と明日開催されている 金物鷲は光り輝いていた

本日と明日、三木市の市役所エリアで「三木金物まつり2016」が開催されている。三木金物は長い歴史を持ち、その種類も多い。特産の金物を組み合わせて作った金物鷲が会場に飾られていた。その詳細はパネルで説明されていたので、下の写真集に掲載した。また、その写真集には会場の様子も盛り込んだ。 多くの金物や食品販売ブースが屋外にも向けられ、多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化学の世界は一世代先を行く? 太陽発電電力でCO2からエタノールなどのC2化合物

二酸化炭素(CO2)を還元してメタン(CH4)やメタノール(CH3OH)を合成し、これを燃料とすれば環境にやさしいという話は、一般的になりましたが、この還元には「水素」が必要であり、この水素は一体どこから来るのだろうか?とかなり斜に眺めていました。 この話は炭素1個のCO2から炭素1個のCH4やCO2を作る話です。ところが、ここ数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋AIソフトが対局中の不正原因となっている 近い将来、不正取り締まりもAIとならざるを得ないのでは

将棋AIソフトが急激に力をつけ、今ではプロが将棋ソフトに差し手を習う時代である。 このような事情の中、オンライン対局サイトでは不正が横行しているとみられている。 下の日本経済新聞が伝えるところによると、 「ソフト指しが目立ち始めたのは2007年ごろから」 「これまでに(不正をはたらいたとして)千人以上を除名した」 「不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どちらかが本物で、どちらかが偽物だというのだが、答えを聞いてもわからない この偽物天国

世の中には多くの偽物が出回っている。本物といわれて買ったはずなのだが、実はそれが「偽物」。その時のショックは想像に難くない。 一方で、世間のほとんどの人は本物も偽物も見分けがつかないだろうと、堂々と偽物を手に闊歩している人もいる。安価で、本物に見えればそれでOKということだ。持ち手が良ければ本物に見える。しかも安価に入手できた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

飛行機を抱いた船 スーパーライナー「疾風(はやて)」  航空と船舶を結びつけた発想が面白い

「疾風」はどのように海上を飛翔したのであろうか? 付属翼は飛行機であるが、水中翼船の変形と考えればよいのだろうか? 水中翼船(Wikipedia)の項目にも「疾風」の写真が出てくる。 YouTubeを探してみたが、残念ながら疾走している「疾風」を見つけることはできなかった。 巡航状態では水の噴出孔は空中に出ている。水鉄砲状態であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎重工 戦闘機「飛燕」復活プログラム その成果を神戸ポートターミナルで発表

神戸のポートターミナル(神戸三宮と神戸空港の中間)へ、川崎重工が修理・復元した戦闘機「飛燕」を見に行ってきた。 会場には多くの人が詰めかけていた。朝日新聞に紹介されたこと、天候が良かったこともこの人手につながったのだろう。 飛燕の紹介はこちらのWikipediaで実に詳細になされている。その中より今回の飛燕に関係する部分を抽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋プロが対戦中に将棋ソフトを不正使用 事実か? 冤罪か? 使用事実は証明できるか?

コンピュータAIも進化し、最近では将棋のプロがAIを用いて差し手の研究をするのが普通となってきているようです。将棋AIは人間の能力をはるかに超えたということです。 対戦中に席を外して次の一手を決めるのにAIの助けを借りたというのが本日のニュースです。起こるべくして起こったというべきか。しかし、実際に不正を行った証拠はまだないわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

技術士第一次試験明日開催 合格率は5割と高いのに、申込者の4人に1人は欠席する不思議な試験

いよいよ明日は技術士第一次試験の試験日だ。この試験に合格すると技術士補に登録することができる。 過去問題はこちらに記されているように、基礎科目、適正科目、専門科目に分かれる。各科目で50点以上取得すれば合格となる。この中で一番の難関?と言われているのが基礎科目で、1.設計・計画、2.情報・論理、3.解析、4.材料・化学・バイオ、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビドラマ「校閲ガール」は、良い意味で非常識 非常識が組織を変える兆しが見える

校閲という仕事は難しい。著者の意を汲みながら文章の欠陥を修正していく仕事である。「漢字」や「て・に・を・は」、読んでわかりにくい部分は「わかりやすくするための提案」を、と数え上げればきりがないくらいの経験と注意力を要する。 このテレビドラマは、校閲とは全く無関係な世界に生きてきた主人公が、就職早々に大作家の作品の校閲をするという話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の農業 経験ある外国人の専門人材活用により活力を増すとの政府指針

本日の日本経済新聞の第1面記事はかなり苦し紛れに感じます。「外国人労働者」「経験ある専門人材」 タイトルからして労働者vs専門人材です。記事を読むと、安価な労働力を農村に導入すると、日本人の賃金引き下げの原因となるため、合理的な賃金が設定できる「経験ある専門人員」とする、ということのようです。 他の産業でも、安価な外国人労働者が参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ5800億円、豊洲新市場と高速増殖炉もんじゅ その軽重はどう考えるのか?

9月21日の日本経済新聞朝刊に掲載されていた記事2つ、 豊洲ずさんな設計監理 歴代の責任者「空洞認識せず」    5884億円を投じた巨大事業 もんじゅ廃炉の方向 核燃料サイクルは堅持 すでに1兆円超の事業費を投じ、再稼働させた場合、文科省はこれからの18年間で    約5800億円の費用が必要と試算する。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

不祥事が起こった場合、その再発を防止するには「3日-3週-3月-3年」がキーワードに

日本技術士会近畿本部の会報(9月号)の記事の記載に、中西氏(電気電子、総合監理部門)の考え方、見方が紹介されていた。不祥事の再発を防止するには「監査の実施」の頻度をどのようにすべきかという話である。 引用開始 不祥事が発生した場合、   なにもしなければ          「3日」後に同じことが発生する   間に合わ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

兵庫県加古川市国包(くにかね) その建具の町で行われた伝統文化祭に行ってきた

国包(くにかね)は私の生まれ故郷だ。小学校時代の友達がいる。加古川の流れに載せて運ばれてくる木材を使った建具作りが主な産業である。 加古川がそばを流れているにもかかわらず、田畑が川面よりも高い位置にあるために、農業には厳しいものがあった。水がないのである。その水を確保するために、村の有志が立ち上がり用水づくりを開始した。その開始か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化学反応の暴走事故とその分類、および予防策 前例に学び頭を使って事故を防止する

昨日9月1日は防災の日。日本各地で防災に関する取り組みが催されました。 大阪技術振興協会の会誌9月号もズバリ「安全防災特集」です。そこに私の小文が掲載されました。ここに転載させていただきます。 事故とは、定常時よりも非定常時に起こりやすいものです。 技術の話題2 化学反応の暴走事故とその分類、および予防策 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドーピング問題に揺れたオリンピックがいよいよ始まりました.6年前の「遺伝子ドーピング」記事です

2010年に以下のブログがありました。昨年には「陸上ボルトのコピーも? 「遺伝子ドーピング」が流行の兆し」なる記事もあります。 本当にこんなことが行われているかどうかは別にしても、遺伝子工学の進歩とともに、このドーピング手法はますます真実味を帯びてくることでしょう。そして、いずれは現実のものに。いや、ひょっとしたらどこかの国では実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記事「自動化の憂鬱」を読んで思ったこと コンピュータに座を譲り渡した人間は退化する

最近は人工知能の進歩が著しく、多くのことが自動でできるようになってきた。その裏で、多くの職業が人工知能に取って代わられるのではと危惧されている。 日本技術士会近畿本部の機関紙「きんき150号(7月1日発行)」に「自動化の憂鬱(本多顕治郎(建設))」という2ページの記事があった。著者は建設部門の技術士である。 記事からその文書…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Windows10 ポップアップ表示の「右上の×印はインストール承認」と聞きビックリ

ポップアップ表示の右上にある「×」ボタンを押すと、Windows10のインストールを承認したことになると聞きビックリ。 私はWindows7のままでよかったので、できる限りコンピュータをネット回線から切り離していたが、その切り離しているときにWindows10へと自動更新されてしまった。 ということは、気が付かないうちにWi…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

旧式のコピー機でハードカバーの分厚い本を、ちょっとの工夫で見やすく印刷する方法

ハードカバーの本(縦19.4cm×横13.8cm×厚さ3.3cm)はハードカバーと言うだけのことはあって、さすがに表紙は堅い。この本を旧式のコピー機(キャノンMP610)でコピーするとページとページの間が黒くなり、文字が読みにくい部分が生じる。 光源の移動方向に対して本を垂直に置くと、この黒ずみが解消される。 実際にコピーし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more