テーマ:ニュートン

1年前の今日  「天才の時間」があってニュートンの偉業は成し遂げられた

1年前の今日  2020年5月29日 ***:***** 今の新型コロナウイルスによるロックダウンと同じような状況だったのでしょう。 世界のどこかに、天才は出現しないものかと待ち望んでいます。 ********* 何事にも旬があります。哲学ならば10歳代、物理学ならば20~30歳台、化学ならば30~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  ニュートンの「⾃然哲学の数学的諸原理(プリンキピア)」に⽬を通して

1年前の今日  2019年5月28日 アイザック・ニュートンが数学的手法、特に微積分学への端緒を得たのは1665年である。同じ1665年に万有引力の法則を発見している。 万有引力の発見時にニュートンが思い悩んだのは、地球と地上の物体間に働く引力を考えた時、地球と物体間の距離を、地球の中心からその物体の中心までの距離と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年前の今日  ニュートンとライプニッツの微積分法発明の先陣争いは実に25年間の長きに

1年前の今日  2019年5月27日 ニュートンの微積分法の完成が1666年、ライプニッツのそれが1676年と、完成時期に10年の開きがあります。私は、3つの点に注目しました。 1.ニュートンもライプニッツも約2年間という短期に微積分法を創り上げたこと 2.当時のヨーロッパでは研究段階における情報の伝達速度が実に遅かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンデミックは世界を、社会の在り方を、思考方法を変える 変わらなければ

外出自粛が継続し、学校も休みとなっている。この長いトンネルにまだ出口は見えていない。罹患された方はもとより、多くの方々がこの不自由から早く抜け出せることを願っている。 一方、世界の新規感染者数は減少に転じ、このパンデミックもいずれは終焉に向かうことは間違いない。今はただ耐えること。この言葉は現在の状況を一番表わしていると思うのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more