テーマ:フラクタル日除け

京都⼤学が贈る「⽊漏れ⽇型フラクタル⽇除け」は発想の成果

京都大学は「アホなことをせい」という風土があるそうです。このフラクタル日除けの開発者である酒井敏先生もその信奉者の一人です。 アホなことには意味があるそうです。一つは、アホなことでないことは、従来知られている事柄を上塗りするか、わずかの変化を加えるに過ぎない。それを「銅鉄主義」というそうですが、銅あるいは銅化合物を用いて得られた成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more