テーマ:歴史

墓地は家々の歴史を閉じ込めたタイムカプセル

 墓地はタイムカプセルである。各家庭の墓石の数からその家系がこの地にどれだけ長く暮らしているかが分かる。また、墓石に刻まれた家紋を見ていくと、どの家とどの家が血縁関係(本家と分家)にあるかが見えてくる。分家を持たぬ家、逆に多くの分家を持つ家もあり、地元への根の張り方もうかがえる。  私の子供の頃は、と言ってももう50年以上も前の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸港のメリケンパークでテクノスーパーライナー船「疾風」の撤去作業が始まったと

撤去作業は8日に始まったそうだ。  2隻は1990年完成で全長約30メートルの超電導電磁推進船「ヤマト1」と、94年完成で全長約17メートルのテクノスーパーライナー「疾風」。ヤマト1は、電磁力による海上航行に世界で初めて成功した。疾風は浮力と揚力による高速航行の実験を目的に、最大時速約75キロを記録した。だが、ヤマト1は船体の重量…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トランプ氏が次期大統領に 時代の大きなうねりが始まる 国の有り方が大きく変わる元年となるか?

振り子は振り切れれば戻ってくるものである。日本の振り子は只今は振り切り状態で、この次にどういう手を打とうか、考えあぐねているところかと思う。アベノミックスの停滞である。 アメリカはどうか。世界の警察と自らが意識しなくなったが、さらに、今回の選挙で国民は自衛を望む結果となった。トランプ氏は経営者。会社の利益と社員の幸せを願うのが職務…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

兵庫県三木市の「三木金物まつり2016」が本日と明日開催されている 金物鷲は光り輝いていた

本日と明日、三木市の市役所エリアで「三木金物まつり2016」が開催されている。三木金物は長い歴史を持ち、その種類も多い。特産の金物を組み合わせて作った金物鷲が会場に飾られていた。その詳細はパネルで説明されていたので、下の写真集に掲載した。また、その写真集には会場の様子も盛り込んだ。 多くの金物や食品販売ブースが屋外にも向けられ、多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業診断士や弁理士にあって弁護士や税理士や司法書士にない、 ハテナ?

中小企業診断士の碑と言うものが設けられたそうです。中小帰企業診断士という資格すらも知名度が低いところに、その記念日ともなると、どの程度社会に認知されるかははなはだ疑問ではあります。 士業について若干ではありますが記念日のあるなしを調べてみました。弁護士、税理士、司法書士についてはまだ見つけていません。弁理士はありました。 弁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路城内で来週、人間将棋大会が開催される 絢爛豪華な時代絵巻が話題となりそうだ

来週、姫路で人間将棋が行われるとのお触れが出ていた。人が差し手の指示に従って抱えた駒を移動していくあれだ。きっと時代衣装に身を包んだ持ち手が多数参加し、絢爛豪華となることは間違いないだろう。 ということで、どのような予定になるかを、インターネットで調べてみた。そのごく一部の引用です。 人間将棋 姫路の陣 開催概要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県稲美町には多くの池が点在する その水を抜く「かいぼり」の季節が到来した

写真は昨年11月1日(日)の兵庫県稲美町における「かいぼり」の様子です。かいぼりと聞いてもピンと吐きませんが、当て字にするならば「飼堀」でしょうか。さかながいるからそう思ったのですが、正解は下にあるように「掻堀」です。難しいですね。 ため池にとって、魚類が貴重な時期もあったようです。しかし、最近は引き取り手がないようです。そこで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸税関が面白い 船を形どった造形美が素晴らしい 展示室は係の方が親切に説明くださるし

神戸税関は震災で大きく破損したとのことですが、それを乗り越え見事に復旧しています。建物は大きく、趣があり、見ていて飽きない構造となっています。全体の構成は神戸らしく船の形。なかなかしゃれた発想です。 中庭も設けられ、ゆとりの空間となっています。 内部には展示室が設けられ、偽物・本物コーナー、密輸品の隠し場所コーナー、ワシント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機を抱いた船 スーパーライナー「疾風(はやて)」  航空と船舶を結びつけた発想が面白い

「疾風」はどのように海上を飛翔したのであろうか? 付属翼は飛行機であるが、水中翼船の変形と考えればよいのだろうか? 水中翼船(Wikipedia)の項目にも「疾風」の写真が出てくる。 YouTubeを探してみたが、残念ながら疾走している「疾風」を見つけることはできなかった。 巡航状態では水の噴出孔は空中に出ている。水鉄砲状態であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎重工 戦闘機「飛燕」復活プログラム その成果を神戸ポートターミナルで発表

神戸のポートターミナル(神戸三宮と神戸空港の中間)へ、川崎重工が修理・復元した戦闘機「飛燕」を見に行ってきた。 会場には多くの人が詰めかけていた。朝日新聞に紹介されたこと、天候が良かったこともこの人手につながったのだろう。 飛燕の紹介はこちらのWikipediaで実に詳細になされている。その中より今回の飛燕に関係する部分を抽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微生物がいなかったら石炭は石炭となりえなかったか 石炭を天然ガスに変えるメタン生成菌

微生物がメタンを作るときに原料とするのは、二酸化炭素と水素(CO2+H2→CH4+H2O?)、酢酸(CH3COOH→CH4+CO2?)、そしてメタノール(CH3OH→還元?→CH4)のみであったようだ。それが、この度、産総研によりメトキシベンゼン類(下のニュースのリンク先参照)を原料とする微生物が見いだされたとのこと。 このメトキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル文学賞の発表は13日に 日本人の受賞はなるか 韓国人の受賞の可能性はどうか

ものごとを考えるうえで、やはり言葉は重要である。あるとき突然に天から啓示を受けたとか、急に良いアイデアがどこからともなくひらめいたというが、その根本をなしているのはやはり言語、それも論理的な言語だろう。 哲学をする上ではドイツ語がすぐれていると昔聞いたことがある。あの、一文が10数行にも及ぶ、論理的に結び付けられた、実にかわいげが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋祭りは田舎に活力が戻る日 そして地区(村)がその活力を周囲に誇示する日

昨日、今日と兵庫県加古川市では多くの地区で祭りが執り行われている。昔ながらの、というか、中心市街地から離れた田舎では大きなダンジリを若者がかき、周りの村々を練り回って地区の力をアピールする。一年に一度、田舎に生気がよみがえる瞬間だ。多くの若者が都市部に移住しているにもかかわらず、こんなにも若者がいたかとびっくりする瞬間でもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県加古川市 合理的な合葬式墓地の運用を開始した 死んでしまえば皆一緒に

墓地の問題は古家の問題と同じく、頭を悩ませる問題です。田舎では多くの跡継ぎが町を離れ、たとえ長男といえども定年後になっても帰ってこないのが普通となりました。多くは、高校を卒業すると田舎を離れ、新たなコミュニティに属することになります。この人たちが60~65歳で定年を迎えた時、田舎に帰るという選択は、①培ってきたコミュニティにおける人間関…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大隅先生がノーベル医学・生理学賞を単独受賞 タンパク質の生体内リサイクルに関するオートファジー

本日よりノーベル賞の受賞者発表が始まりましたが、今年も日本人が快挙です。単独受賞です。 9月23日の日本経済新聞に本年受賞の可能性のある候補者氏名が掲載されていましたが、その中のおひとりに大隅先生のお名前があります。他にも複数の先生方のお名前がありますので、来年以降も受賞期待です。 産経新聞ニュース 2016.10.3 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の元ファミリアビルの解体工事が進行中 タワーマンションンに生まれ変わると

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」が始まりますが、時を同じくして元ファミリア本社ビルが解体途上にあります。 神戸新聞NEXT 6月24日 神戸のファミリアホール 7月中旬にも解体開始  タワーマンション建設が計画されている神戸の近代洋風建築「ファミリアホール」(旧三菱銀行神戸支店)で、外観を保存、復元するため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッチの生産量は年々減少し 兼松日産農林(工場は兵庫県淡路島)が撤退し商標は姫路の会社へ

下に示した(メモ)マッチに関連した情報です。下の資料「姫路の地場産業 マッチ」を見ると、マッチの生産金額は本当に急降下です。 最近の小学生はマッチを擦る機会、あるいは火そのものを見る機会が非常に少なくなっているのではないでしょうか。火を操ることができるようになって、人類の進歩が始まったことを考えると、なんとも複雑ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの受信料は 払う? 払わない? 受信できる機器を備えていれば支払い義務が生じるとのこと

NHKの受信料支払いに関してググると、実に多くのニュースが出てきます。公共的な施設、たとえば由緒ある神社仏閣や城郭などには税金がつぎ込まれます。一方、NHKと名がつく日本放送協会は、その運営方針について国会の承認を得る必要がありますが、国からは多くのお金は入ってきていないようです。Wikipediaによると「受信料収入に比べれば極一部で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お彼岸には彼岸花がよく似合う それにしても、最近は家紋も斬新になった

24日は天候にも恵まれ、彼岸花の赤が際立っていた。 墓石には「愛」と大きな文字が 9月25日の日本経済新聞朝刊 1面  米国向け 大型車シフト  日本勢増産 ガソリン安で需要 3面  自動運転技術 G7協調  安全基準 日欧と米に溝 15面 認証広め皆がわかる色使いを NPO法人…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

不祥事が起こった場合、その再発を防止するには「3日-3週-3月-3年」がキーワードに

日本技術士会近畿本部の会報(9月号)の記事の記載に、中西氏(電気電子、総合監理部門)の考え方、見方が紹介されていた。不祥事の再発を防止するには「監査の実施」の頻度をどのようにすべきかという話である。 引用開始 不祥事が発生した場合、   なにもしなければ          「3日」後に同じことが発生する   間に合わ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

兵庫県加古川市国包(くにかね) その建具の町で行われた伝統文化祭に行ってきた

国包(くにかね)は私の生まれ故郷だ。小学校時代の友達がいる。加古川の流れに載せて運ばれてくる木材を使った建具作りが主な産業である。 加古川がそばを流れているにもかかわらず、田畑が川面よりも高い位置にあるために、農業には厳しいものがあった。水がないのである。その水を確保するために、村の有志が立ち上がり用水づくりを開始した。その開始か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドーピング問題に揺れたオリンピックがいよいよ始まりました.6年前の「遺伝子ドーピング」記事です

2010年に以下のブログがありました。昨年には「陸上ボルトのコピーも? 「遺伝子ドーピング」が流行の兆し」なる記事もあります。 本当にこんなことが行われているかどうかは別にしても、遺伝子工学の進歩とともに、このドーピング手法はますます真実味を帯びてくることでしょう。そして、いずれは現実のものに。いや、ひょっとしたらどこかの国では実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大坂の地名 大阪市西淀川区 姫島の「島」はどう読む? 「しま」、「じま」、それとも「とう」 

地名の「島」は読み方が難しい。県名でいえば、福島、広島、徳島、鹿児島などはすべて「しま」。佐渡島、淡路島も「しま」。 日本の島一覧(Wikipedia)によると、  歌島     該当なし  御幣島   該当なし  姫島     ひめしま(福岡県)、ひめしま(長崎県)、ひめしま(大分県)       百島     もも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸大水害の慰霊碑 治水が良くなったとはいえ、山からすぐ海の神戸市は集中豪雨には要注意

今年もいよいよ梅雨の時期となりました。最近は集中豪雨による水害が毎年のように日本のどこかで発生しています。 神戸にある神戸大水害の慰霊塔に行ってきました。神戸は、山からすぐに海という土地ですから、集中豪雨に弱く、幾度となく水害被害を出しているようです。新湊川トンネルができてからは水害は起こっていないようですが。 次の写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の記念日 日本の標準時を決める東経135度 明石天文科学館裏にひっそりと飛ぶ「とんぼ」

今日は時の記念日。なぜトンボなのでしょう? 「倭の国」は「蜻蛉島(あきつしま)」、を強く意識しているようです。なにせ、日本国の標準時を決めている子午線なのですから。説明書きにそう記されています。 測量には精度があって、昭和5には「とんぼ」柱は月照寺山門前にありましたが、昭和26年からは今の位置へと11m移動しました。明石天文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京からみた地方 住人から見た地域 これを活性化するのに先人「河合寸翁」の知恵は役立つか

一昨日(5月23日)日本経済新聞夕刊の一面、「明日への話題・地方創生を考える」の冒頭部分である。 「日本経済の真の復活の為には地方創生が待ったなしと言われる。同感である。しかし、現状の取り組みはまだまだ迫力不足ではないだろうか。既存の枠組みから外れた大胆な発想に基づく、大掛かりな仕掛けやプロジェクトを掘り起こす必要がある。(つづく…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

将棋の「電脳戦」はコンピュータが人間よりも強いとの前提に立っているようだが・・・

今年3月には米グーグルが開発した人工知能「アルファ碁」が世界トップ級のプロ棋士に4勝1敗で勝利した。先立つ1997年にIBMの「ディープ・ブルー」がチェスの世界チャンピオンに、2010年に「あから2010」が将棋で女流棋士に勝利した。そして、今やコンピュータソフトが将棋のプロ棋士に勝利し続けている。 下に関連するニュースを引用した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旧山陽道(兵庫県)を加古川から明石まで歩いてみる 大久保以東は都市化が進み地図がたよりに 

加古川から明石までの旧山陽道散歩です。旧山陽道は西国街道とも呼ばれていたそうで、江戸時代の主要交通路でした。 Google Mapで見ると、下の地図に示しているように、旧山陽道は「山陽道」と記されています。 加古川から大久保あたりまでは、JR東加古川駅の東側近くでマンション群とショッピングモールに進路を妨害されて迂回が必要と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

姫路城のお堀散歩とそのまとめ 補足として南流する船場川と外濠川 その間を通る飾磨街道

ゴールデンウイークの連休を利用して、姫路城の内堀、中堀、外堀を実際に歩いて回ってみました。その風景は一番下に示したリンク集より見ることができます。 このリンク集には、合わせて天守閣の北東部で中堀と外堀を連絡している野崎商店街、また船場川の下流に位置する手柄山、そして船場川に沿って残る姫路モノレールの廃線跡の様子も示…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

外堀を野里商店街の北側より姫路城の南を通り東の竹の門まで反時計回りに歩いてみる

外堀は西側は船場川がその役割を果たします。⑪より流れ込み中堀と平行に進み⑦(上の写真)に至ります。③の位置で中堀とは離れます。⑥から③の位置では中堀と外堀は「千姫の小径」で隔てられています。 そして現在は、外堀の一部が南側で埋め立てられてしまっています。JR山陽本線北側(⑦から姫路駅付近まで)が生活道路へと変化していま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more