テーマ:生活

墓地は家々の歴史を閉じ込めたタイムカプセル

 墓地はタイムカプセルである。各家庭の墓石の数からその家系がこの地にどれだけ長く暮らしているかが分かる。また、墓石に刻まれた家紋を見ていくと、どの家とどの家が血縁関係(本家と分家)にあるかが見えてくる。分家を持たぬ家、逆に多くの分家を持つ家もあり、地元への根の張り方もうかがえる。  私の子供の頃は、と言ってももう50年以上も前の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新指標・ウォーターフットプリントとバーチャルウォーター

日本経済新聞の9月22日の「かがくアゴラ」に「水資源への影響示す新指標・ウォーターフットプリント」の記事があり、著者はその指標の開発者であるサントリーの矢野新次郎氏です。 緑のGooによると、「ウォーターフットプリント」 とは  農作物生産や食品製造などの過程で消費、汚染される水の量を「見える化」した指標。日本は食料の多くを輸入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路城内で来週、人間将棋大会が開催される 絢爛豪華な時代絵巻が話題となりそうだ

来週、姫路で人間将棋が行われるとのお触れが出ていた。人が差し手の指示に従って抱えた駒を移動していくあれだ。きっと時代衣装に身を包んだ持ち手が多数参加し、絢爛豪華となることは間違いないだろう。 ということで、どのような予定になるかを、インターネットで調べてみた。そのごく一部の引用です。 人間将棋 姫路の陣 開催概要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅途中にて力尽き あるいは、運命にもてあそばれ 無念 人間にも通じる鳩のあわれ

どのような不幸がこの鳩の身に起こったのでしょう。 レースに出るくらいですから、それなりに優秀だったと考えられます。だが、結末は哀れ。当初の目的を達成することなく、その長い旅路の途中で力尽き、倒れてしまいました。猛禽類に襲われ命尽きたのかもしれません。 鳩の生涯を人間の生涯まで引き延ばして考えるのは、考えすぎでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県稲美町には多くの池が点在する その水を抜く「かいぼり」の季節が到来した

写真は昨年11月1日(日)の兵庫県稲美町における「かいぼり」の様子です。かいぼりと聞いてもピンと吐きませんが、当て字にするならば「飼堀」でしょうか。さかながいるからそう思ったのですが、正解は下にあるように「掻堀」です。難しいですね。 ため池にとって、魚類が貴重な時期もあったようです。しかし、最近は引き取り手がないようです。そこで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回転すし店の現場に、人手不足の現実を見た 出て来ぬ注文寿司 窓際に並べられていく洗い物

久しぶりに見た光景です。回転すし店の席についてまずびっくりしたのが、レーンには注文品以外の寿司が回っていないこと、それも皿数が非常に少ないことでした。席が空いているのになぜ案内されないのかと不思議に思っていましたが、その謎が解けたと感じました。案内する店員もキッチンで寿司づくりに追われていたのです。 パネルからの注文方式です。何皿…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「質問しない国は亡びる」「考えることを教えねば」と無着成恭は言うが、時代は変わった??

日本経済新聞10月22日夕刊5面のタイトルである。 バブル崩壊前までは子供たちは無着を困らせるような素朴な質問「なぜ?なぜ?」を繰り返し、そのたびに先生は現場を実際に確認して子供たちにその答えを示した。たとえば、「煙突から出る煙の色はなぜいろいろと違う色があるの?」 だがバブル期以降その質問の内容が大きく変わったという。コン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「日本人、恋に受け身」と、内閣府が国際意識調査結果を公表 統計データは信用に足るか?

日本経済新聞が「恋愛に対する各国の意識の違い(内閣府)」調査の結果を報じている。これによると、自分から告白するのではなく、相手からのアプローチを待っている。下はって日本人は「恋に受け身」との結論だ。新聞記事のグラフを見れば、フランス、スウェーデン、英国ともに、確かに「気になる相手には自分からアプローチする」が優勢となっている。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どちらかが本物で、どちらかが偽物だというのだが、答えを聞いてもわからない この偽物天国

世の中には多くの偽物が出回っている。本物といわれて買ったはずなのだが、実はそれが「偽物」。その時のショックは想像に難くない。 一方で、世間のほとんどの人は本物も偽物も見分けがつかないだろうと、堂々と偽物を手に闊歩している人もいる。安価で、本物に見えればそれでOKということだ。持ち手が良ければ本物に見える。しかも安価に入手できた。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「好きなものを好きなだけ食べて」脳内ホルモン・エンドルフィンを作り出す 幸せへの第一歩

お釈迦様は苦行の末に悟りを開いた。裕福な王子だったにもかかわらず、出家し、自ら苦行の道を選んだ。 現代人もある意味好むと好まざるにかかわらず苦行の中にいる。自身が苦の中にいると認識している人は本当に苦しいのだろう。それに対して、周りから「大変ですね」といわれつつも、そんなことは全く気にも留めず、ひょうひょうと生きている人はある意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビットコインはお金、それともモノ? この議論にやっと結論が出た プリペードカードと同じと

日本経済新聞のビットコイン記事。 財務省と金融庁はビットコインなどの消費税を2017年春をメドになくする調整に入った。仮想通貨をモノやサービスでなく、プリペイドカードと同じ「支払い手段」と明確に位置付ける。 現在、主要7か国(G7)でビットコインに消費税を課しているのは日本だけ。 2年前には、ビットコインは通貨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米大統領選「トランプ氏離れ加速」と 口は災いの元というが、罵詈雑言が人気を支え、それが今災いに

日本経済新聞 10月11日夕刊の1面 「トランプ氏離れ加速」 下院議長「応援せず」 トランプ氏は言いたい放題言ってよくここまで来たものだ。強硬な姿勢には国内外からの批判も強い。ただ、何事にも強気で臨む。そんな姿が人を引き付けるようだ。あたかも、映画スターがブロードウェイを歩いているように。まだまだクリントン氏との決着はついたとは言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋祭りは田舎に活力が戻る日 そして地区(村)がその活力を周囲に誇示する日

昨日、今日と兵庫県加古川市では多くの地区で祭りが執り行われている。昔ながらの、というか、中心市街地から離れた田舎では大きなダンジリを若者がかき、周りの村々を練り回って地区の力をアピールする。一年に一度、田舎に生気がよみがえる瞬間だ。多くの若者が都市部に移住しているにもかかわらず、こんなにも若者がいたかとびっくりする瞬間でもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県加古川市 合理的な合葬式墓地の運用を開始した 死んでしまえば皆一緒に

墓地の問題は古家の問題と同じく、頭を悩ませる問題です。田舎では多くの跡継ぎが町を離れ、たとえ長男といえども定年後になっても帰ってこないのが普通となりました。多くは、高校を卒業すると田舎を離れ、新たなコミュニティに属することになります。この人たちが60~65歳で定年を迎えた時、田舎に帰るという選択は、①培ってきたコミュニティにおける人間関…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

海外の車も日本のナンバープレートを付けなくても公道を90日間走行できる、とのこと

公道を走るフォルクスワーゲン・タイプ2。日本のナンバープレートはついていない。 こちらのサイトによると 「Q.外国のナンバープレートで日本を走ることは警察の許可を取るだけですか?」 「A.警察の許可は必要ありませんが税関の許可証を前後のガラスに張り付ければ韓国の車両もナンバーそのままで90日間日本に持ち込み、運転できます。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の農業 経験ある外国人の専門人材活用により活力を増すとの政府指針

本日の日本経済新聞の第1面記事はかなり苦し紛れに感じます。「外国人労働者」「経験ある専門人材」 タイトルからして労働者vs専門人材です。記事を読むと、安価な労働力を農村に導入すると、日本人の賃金引き下げの原因となるため、合理的な賃金が設定できる「経験ある専門人員」とする、ということのようです。 他の産業でも、安価な外国人労働者が参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸の元ファミリアビルの解体工事が進行中 タワーマンションンに生まれ変わると

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」が始まりますが、時を同じくして元ファミリア本社ビルが解体途上にあります。 神戸新聞NEXT 6月24日 神戸のファミリアホール 7月中旬にも解体開始  タワーマンション建設が計画されている神戸の近代洋風建築「ファミリアホール」(旧三菱銀行神戸支店)で、外観を保存、復元するため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車のナンバープレートの4ケタの数字を四則計算で10とする テンパズルと言うそうだ

プレート番号「99-99」の4つの数字から四則演算のみで10が作れるか? 答えは(9×9+9)/9=10.こちらのサイトに4ケタの数字を打ち込むと答えを教えてくれる。 では、19-19では・・・・? 下の表に1199があるから、10は作れる。 テンパズル(Wikipedia)によると、「解けるかどうかを見分ける一つの方法と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッチの生産量は年々減少し 兼松日産農林(工場は兵庫県淡路島)が撤退し商標は姫路の会社へ

下に示した(メモ)マッチに関連した情報です。下の資料「姫路の地場産業 マッチ」を見ると、マッチの生産金額は本当に急降下です。 最近の小学生はマッチを擦る機会、あるいは火そのものを見る機会が非常に少なくなっているのではないでしょうか。火を操ることができるようになって、人類の進歩が始まったことを考えると、なんとも複雑ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの受信料は 払う? 払わない? 受信できる機器を備えていれば支払い義務が生じるとのこと

NHKの受信料支払いに関してググると、実に多くのニュースが出てきます。公共的な施設、たとえば由緒ある神社仏閣や城郭などには税金がつぎ込まれます。一方、NHKと名がつく日本放送協会は、その運営方針について国会の承認を得る必要がありますが、国からは多くのお金は入ってきていないようです。Wikipediaによると「受信料収入に比べれば極一部で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

同じ5800億円、豊洲新市場と高速増殖炉もんじゅ その軽重はどう考えるのか?

9月21日の日本経済新聞朝刊に掲載されていた記事2つ、 豊洲ずさんな設計監理 歴代の責任者「空洞認識せず」    5884億円を投じた巨大事業 もんじゅ廃炉の方向 核燃料サイクルは堅持 すでに1兆円超の事業費を投じ、再稼働させた場合、文科省はこれからの18年間で    約5800億円の費用が必要と試算する。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

お彼岸には彼岸花がよく似合う それにしても、最近は家紋も斬新になった

24日は天候にも恵まれ、彼岸花の赤が際立っていた。 墓石には「愛」と大きな文字が 9月25日の日本経済新聞朝刊 1面  米国向け 大型車シフト  日本勢増産 ガソリン安で需要 3面  自動運転技術 G7協調  安全基準 日欧と米に溝 15面 認証広め皆がわかる色使いを NPO法人…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

兵庫県加古川市国包(くにかね) その建具の町で行われた伝統文化祭に行ってきた

国包(くにかね)は私の生まれ故郷だ。小学校時代の友達がいる。加古川の流れに載せて運ばれてくる木材を使った建具作りが主な産業である。 加古川がそばを流れているにもかかわらず、田畑が川面よりも高い位置にあるために、農業には厳しいものがあった。水がないのである。その水を確保するために、村の有志が立ち上がり用水づくりを開始した。その開始か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

所ジョージの「とんでも大発明・特許取得プロジェクト」 はたして特許は取得できるか??

所さんがアイデアを元に特許取得に挑戦。下の記事からするとこれはシリーズ番組である。毎回、特許候補を形にし、その成果を特許出願に結び付ける。「特許庁に持ち込んでみる」との表現は意味深長だが、通常の感覚で行くと、これは特許を出願するということである。 特許の要件には「前例がないこと」「公知でないこと」が挙げられる。テレビを通して広く放…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

姫路に「世界遺産・姫路城」と記された新しいデザインが加わった ただし、日本語表記のみ 

まだ姫路駅前の数か所のみであるが、マンホールの蓋に新しいデザインが加わった。 これは姫路駅近くで使用されている図柄。 さらに離れると色が減り、 もっと離れると実用的な図柄となる。           ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

久しぶりに見たサンジュサン 小学校以来3~7年に1回の発見頻度か

シンジュサンを一番最初に見たのは確か小学校2年の時。庭のモチの木に白い毛虫が付き、それが次第に大きくなって、繭となった。羽化するときれいな蛾となった。今でも鮮明に思い出す。 シンジュサンを見るチャンスは極めて少ない。今年は道路わきに植えられたモチの木約80本中の一本だけに繭14こがついていた。いつ羽化するのかと観察していたところ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10 ポップアップ表示の「右上の×印はインストール承認」と聞きビックリ

ポップアップ表示の右上にある「×」ボタンを押すと、Windows10のインストールを承認したことになると聞きビックリ。 私はWindows7のままでよかったので、できる限りコンピュータをネット回線から切り離していたが、その切り離しているときにWindows10へと自動更新されてしまった。 ということは、気が付かないうちにWi…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大坂の地名 大阪市西淀川区 姫島の「島」はどう読む? 「しま」、「じま」、それとも「とう」 

地名の「島」は読み方が難しい。県名でいえば、福島、広島、徳島、鹿児島などはすべて「しま」。佐渡島、淡路島も「しま」。 日本の島一覧(Wikipedia)によると、  歌島     該当なし  御幣島   該当なし  姫島     ひめしま(福岡県)、ひめしま(長崎県)、ひめしま(大分県)       百島     もも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸大水害の慰霊碑 治水が良くなったとはいえ、山からすぐ海の神戸市は集中豪雨には要注意

今年もいよいよ梅雨の時期となりました。最近は集中豪雨による水害が毎年のように日本のどこかで発生しています。 神戸にある神戸大水害の慰霊塔に行ってきました。神戸は、山からすぐに海という土地ですから、集中豪雨に弱く、幾度となく水害被害を出しているようです。新湊川トンネルができてからは水害は起こっていないようですが。 次の写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の記念日 日本の標準時を決める東経135度 明石天文科学館裏にひっそりと飛ぶ「とんぼ」

今日は時の記念日。なぜトンボなのでしょう? 「倭の国」は「蜻蛉島(あきつしま)」、を強く意識しているようです。なにせ、日本国の標準時を決めている子午線なのですから。説明書きにそう記されています。 測量には精度があって、昭和5には「とんぼ」柱は月照寺山門前にありましたが、昭和26年からは今の位置へと11m移動しました。明石天文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more